富士市終末処理場の管理運転等業務の受託について

2020/11/20  株式会社 神鋼環境ソリューション 

2020年11月20日
株式会社神鋼環境ソリューション


富士市終末処理場の管理運転等業務の受託について


  株式会社神鋼環境ソリューション(本社:神戸市中央区、社長:大濵敬織)は、特定共同企業体「ウォーターエージェンシー・パシフィックコンサルタンツ・東京電力PG・ふじのくに・神鋼環境グループ」の構成員として、富士市終末処理場の管理運転等業務を受託し、2020 年11 月1 日から業務を開始しましたのでお知らせいたします。

  当社は、地方共同法人日本下水道事業団、富士市の3者からなる共同研究体にて、平成30年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)*1である「高濃度消化・省エネ型バイオガス精製による効率的エネルギー利活用技術実証研究」の実証施設を、富士市東部浄化センター内に建設し、実証を進めてまいりました。また、西部浄化センターにおいては2019年10月に契約した消化ガス発電事業の開始に向け、建設工事を順調に進めております。
 今後、JVの構成員として、B-DASH施設の適切な運用及び既存設備との円滑な連携を図り、安定的かつ効率的な事業運営に貢献してまいります。
 なお、当社は本業務において、当社が保有する脱水機を活用し、富士市の下水汚泥発生量を委託期間中約5,000トン削減する、投資提案による役務提供を予定しております。汚泥削減効果を業務委託元である富士市とシェアリングすることで、富士市が新たな設備投資をすることなく下水汚泥処分費を削減することが可能となります。今後、詳細条件の協議を行い、2021年4月から汚泥量削減の役務提供を開始する予定です。


【案件概要】

①業務名 :富士市終末処理場管理運転等業務委託

②契約者 :特定共同企業体ウォーターエージェンシー・パシフィックコンサルタンツ・東京電力PG・ふじのくに・

神鋼環境グループ

③委託期間:2020年11月1日~2025年9月30日(4年11カ月)

④委託金額:5,049,000,000円(税込み)


【共同企業体の体制】



【高濃度消化・省エネ型バイオガス精製による効率的エネルギー利活用技術実証施設 概略フロー】



【用語説明】

(*1)下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)

下水道事業において抱える様々な課題に対応するために必要な新技術の開発・活用について、国が主体となって実規模レベルの施設を設置して技術的な検証を行い、ガイドライン化して革新的技術の全国展開を図っていくことを目的として平成23年度より実施しているもの。
Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project


以上

発表資料はこちら
PDFファイル[268KB]


○お問い合わせ先

株式会社神鋼環境ソリューション 総務部 TEL(078)232-8018

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース