伊藤忠商事と資本業務提携、データ活用によるDXを推進

2020/11/20  株式会社 ブレインパッド 

ブレインパッド、伊藤忠商事と資本業務提携、データ活用によるDXを推進

株式会社ブレインパッドは、伊藤忠商事株式会社と、データを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に関する資本業務提携契約を締結し、データ活用による事業機会の創出を一段と加速するとともに、日本におけるデジタル社会の早期実現を目指していくことを発表いたします。

昨今、AI、IoT、ビッグデータ等の技術革新によってデジタル社会における産業構造変化や異業種融合が加速する中、行政のデジタル化の流れも後押しとなり、多くの産業においてDXへの注目度が高まっております。
その一方で、ビジネス変革に主眼をおいたDX推進は、システムベンダーによる製品やサービスの導入のみでは実現ができず、顧客接点で生じる膨大なデータを収集・分析して課題を整理し、マーケットインの発想で新たな顧客体験を実現した上で、その後も継続的にデータを活用することが不可欠です。
ブレインパッドは、2018年より、伊藤忠商事とDX推進のためのデータ活用事例の創出とそのための基盤・体制構築に着手し、さまざまな事業分野において現場の課題解決のためのノウハウを共同で蓄積してまいりました。現在は、伊藤忠商事グループの各現場において、サプライチェーン関連のデータを活用した発注・在庫・物流の最適化や、店舗等の消費者接点の強化といったデータ活用の実用化が進んできております。

この資本業務提携を通じて、ブレインパッドと伊藤忠商事は、伊藤忠商事グループのDX化をより一層推進することに加え、伊藤忠商事グループが各業界で有する事業ノウハウとブレインパッドのデータ分析・活用ノウハウを結びつけ、グループ以外のさまざまな産業における顧客企業のDX化を促してまいります。
また、システム開発や運用に強みを持つ伊藤忠テクノソリューションズ株式会社をはじめとしたDX関連のソリューションを提供する伊藤忠商事のグループ企業各社とも連携し、各種データを活用した既存事業の拡大や、新規事業創出を推進するとともに、伊藤忠商事グループ、ブレインパッドの相互人材交流を通じて、データ活用機能の更なる強化を図ってまいります。

■伊藤忠商事株式会社 代表取締役社長COO 鈴木 善久様のコメント
伊藤忠商事はDX推進においてもマーケットインの発想で、顧客企業や既存ビジネスの収益拡大に資する実用性の高い取り組みを重視しております。長年にわたり多くの産業分野で、データ分析力をコアに顧客企業のビジネス課題に寄り添い、データ活用による課題解決を実践してきたブレインパッドは、伊藤忠商事の方針とも合致する重要なパートナーであり、今回の資本業務提携によって伊藤忠商事グループのDX加速とブレインパッドの企業価値拡大を両立できるものと大いに期待しています。


■ご参考情報
伊藤忠商事株式会社について
本社所在地:東京都港区北青山2丁目5番1号(東京本社)
設立:1949年12月1日
代表者:代表取締役社長COO 鈴木 善久
資本金:253,448百万円(2020年9月30日現在)
従業員数:4,319名(2020年4月1日現在)
事業内容:繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開

株式会社ブレインパッドについて
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:597百万円(2020年9月30日現在)
従業員数:383名(連結、2020年9月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
*ニュースリリースのPDFはこちらをご覧ください。

以上

ニュースリリース一覧に戻る

ブレインパッドへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

他の画像

関連業界