NACがDeep Isolationの一部株式を取得 ~ 米国の使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物最終処分分野に貢献 ~

2020/11/20  日立造船 株式会社 

2020年11月20日

NACがDeep Isolationの一部株式を取得 ~ 米国の使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物最終処分分野に貢献 ~

日立造船株式会社の米国グループ会社で、使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物の輸送・貯蔵容器等の設計や輸送、コンサルティング業務を行うNAC International Inc.(ジョージア州、以下、NAC)は、このほど、使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物の最終処分のソリューションを提案するDeep Isolation Inc.(カリフォルニア州、以下、Deep Isolation)の株式を一部取得しました。

米国では現在、使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物については中間貯蔵施設で保管されていますが、将来的には地下深くに保管処分場を設けて地表から隔離する地層処分が計画されています。

Deep Isolationは、地層処分の一方式である超深孔処分方式に適応した坑道を水平掘削する技術を実証し(水平ドリルホール方式)、使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物を地層処分する革新的なソリューションを提案しています。

NACは、水平ドリルホール方式で使用する特殊キャニスターの開発においてDeep Isolationに協力します。

現在、日立造船およびNACは、使用済み燃料の輸送・貯蔵容器であるキャスク・キャニスターを主に米国から受注しておりますが、NACはDeep Isolationの株式を取得することにより、使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物の最終処分に関わることが可能となります。

日立造船グループは、「サステナブルで、安全・安心な社会の実現に貢献するソリューションパートナー」を2030年に目指す姿としておりますが、使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物を安全に輸送・貯蔵できる容器の提供を通じ、社会の安全・安心に貢献していきます。

【NACの概要】

社名:NAC International Inc.

代表者:Kent Cole(CEO)

設立:1968年

所在地:ジョージア州、ノークロス市

事業内容:使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物の輸送・貯蔵容器等に係る設計、輸送およびコンサルティング

【Deep Isolationの概要】

社名:Deep Isolation Inc.

代表者:Elizabeth Muller(CEO)

設立:2016年

所在地:カリフォルニア州、バークレー市

事業内容:使用済み燃料・高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発および事業化

(終)

新着情報 2020年 一覧へ

関連業界