「2019年度における環境の状況並びに豊かな環境の保全及び創造に関して講じた施策」について取りまとめました。

2020/11/20  大阪府  

「令和元年度における環境の状況並びに豊かな環境の保全及び創造に関して講じた施策」について取りまとめました。

代表連絡先 環境農林水産部 エネルギー政策課 環境戦略グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9319
メールアドレス:eneseisaku-02@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年11月20日

提供時間

14時0分

内容

大阪府では、環境基本条例に基づき、府内における「環境の状況」と豊かな環境の保全及び創造に関して前年度に「講じた施策」について、府議会へ報告しています。

このたび、令和元年度における環境の状況及び講じた施策の報告をとりまとめましたので、お知らせします。

今後も大阪府では、「大阪21世紀の新環境総合計画」(平成23年3月策定、以下「新環境総合計画」という。)に描いた将来像を実現するため、大阪府環境審議会等を活用しながら、PDCAサイクルによって計画の適切な進行管理を実施していきます。

●報告の概要

(1)おおさかの環境の状況
大気環境や水において、二酸化窒素濃度や河川の汚濁指標である生物化学的酸素要求量(BOD)が長期的に改善傾向にあるなど、おおむね安定的に推移しています。一方、地球温暖化・ヒートアイランド分野では、熱帯夜数が長期的には依然多い状況にあるなど、引き続き対策が必要な状況にあります。

(2)令和元年度に講じた施策
大阪府では、環境保全目標の達成・維持をはじめ、新環境総合計画に示した施策の方向等に基づき、各種施策を総合的かつ計画的に推進しました。

(施策・事業例)

○府民の参加・行動
・環境歴史映像による環境活動促進事業【新規】

○低炭素・省エネルギー社会の構築
・「大阪府温暖化の防止等に関する条例」に基づく指導
・おおさかスマートエネルギーセンターの運営
・猛暑対策の推進【新規】

○資源循環型社会の構築
・プラスチック対策推進事業【新規】
・食品ロス削減対策の推進
・PCB廃棄物等適正処理の推進

○全てのいのちが共生する社会の構築
・生物多様性保全のための普及啓発推進
・特定外来生物防除対策推進事業【新規】

○健康で安心して暮らせる社会の構築
・微小粒子状物質(PM2.5)の現状把握と対応の検討
・アスベスト飛散防止対策の推進事業
・「豊かな大阪湾」の創出に向けた環境改善啓発事業

○魅力と活力ある快適な地域づくりの推進
・「みどりの風を感じる大都市・大阪」の推進
・子育て施設木のぬくもり推進事業
・クールスポットモデル拠点推進事業

※報告の詳細は関連ホームページをご確認ください。

国連では、2030年までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。本事業は、SDGsに掲げる17のゴールのうち以下のゴールの達成に寄与するものです。



大阪府では「SDGs未来都市」として、SDGsの推進を図ってまいります。

関連ホームページ

令和元年度における環境の状況並びに豊かな環境の保全及び創造に関して講じた施策に関する報告

資料提供ID

39607

ページの先頭へ

報道発表資料のトップへ

ここまで本文です。

他の画像