交通局の水力発電所で発電した電気の売却先を公募

2020/11/20  東京都  

2020年11月20日 交通局

交通局の水力発電所で発電した電気の売却先を公募します!
都内における再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献

交通局は、多摩川の流水を活用した水力発電による電気を売却しています。
この度、令和3年度からの売却先について、近年の再生可能エネルギーの価値の高まりを踏まえ、「東京産水力発電の環境価値」に着目した公募型プロポーザル方式により選定することにしましたので、お知らせします。

公募の概要

売却期間

令和3年4月1日から令和6年3月31日まで

目標売却電力量

(千キロワットアワー)
令和3年度 115,148
令和4年度 104,429
令和5年度 114,833

※3発電所(多摩川第一発電所、白丸発電所及び多摩川第三発電所)の合計

都内における再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献

評価項目の一つに「環境価値を活用する需要家への販売等」を設定。また、最終需要家の一つに都営バス全営業所を指定し、交通局自ら再生可能エネルギーを率先して使用。

プロポーザルの評価項目

  • 交通局からの購入価格
  • 環境価値を活用する需要家への販売等
  • 都営バス営業所への電力供給価格
  • 小売電気事業者の経営の安定性

発電から最終需要家までの流れ

※最終需要家の一つに自らの事業所を指定する契約は「公営電気事業者初」の取組

今後のスケジュール

  • 公募要項の公表 令和2年11月20日
  • 事業者の決定 令和3年1月中旬(予定)

※公募要項等の資料及びスケジュールの詳細は、交通局ホームページに掲載

(参考)交通局電気事業の概要

  • 交通局は、昭和32年から水力発電による電気事業を経営
  • 1年間に発電する電力量は、3つの発電所合計で、概ね一般家庭約3万5千世帯の使用量に相当
区分 多摩川第一発電所 白丸発電所 多摩川第三発電所
使用開始年月 昭和32年12月 平成12年11月 昭和38年2月
最大出力 19,000キロワット 1,100キロワット 16,400キロワット
取水先 小河内貯水池 白丸調整池 白丸調整池
令和元年度販売電力量 64,253,000キロワットアワー 2,317,000キロワットアワー 50,386,000キロワットアワー

※令和元年度における3発電所合計の販売電力量:約116,956,000キロワットアワー

問い合わせ先
都営交通お客様センター
電話 03-3816-5700(9時00分~20時00分 年中無休)

他の画像