危機管理連絡会議の開催結果について(令和2年11月20日)(外部サイト:安心とくしま)

2020/11/20  徳島県  

危機管理連絡会議の開催結果について(令和2年11月20日)

2020年11月20日

以下のとおり,危機管理連絡会議を開催いたしましたので,お知らせいたします。


1 日時:令和2 年11 月20 日(金)9:00 ~ 9:10


2 場所:万代庁舎4 階405 会議室


3 出席者:危機管理環境部副部長,各部局主管課副課長など計19 名


4 協議概要:香川県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について
(国内6 例目,国内6 例目の関連農場及び7 例目)


■畜産振興課から説明
・本日,再び香川県三豊市において,疑似患畜が確認された。過去最大級の発生である。
(6 例目,6 例目関連農場,7 例目)
・三豊市に限られたものではなく,本県においても発生リスクはあることを,生産者の
方に改めて周知するとともに,鶏舎にウイルスを持ち込ませない対策の徹底を図る。
・県内6 カ所の消毒ポイントの設置・24 時間の対応は今後も継続。
・県内での異常鶏に関する報告は現在のところなし。


■鳥獣対策・ふるさと創造課から説明
・死亡野鳥が確認された場合,市町村や県民局に連絡いただき、回収後簡易検査を実施。
・「検査の対象でない場合」は,素手で触らず手袋を付けてビニール袋等に入れた上で,
一般ゴミとして処理していただきたい。
・県民の皆様には,野鳥の糞便にはウイルスが含まれている恐れがあることから,水辺
には極力近づかないようにするとともに,やむを得ない場合は,適宜,靴底等をアル
コール消毒をしていただきたいことについて,県HP 等を通じ周知を図っている。
・鹿児島県では水鳥のねぐらで採取された水に加え,死亡野鳥や糞便からもウイルスが
発見されており,引き続き関係機関と連携し,全県下での野鳥の監視を強化中。

■安全衛生課から説明
・発生農場からの11/19 及び11/20 の県内食鳥処理場への搬入はなし。
・食鳥検査センターにおいても,直近1週間で,異常鶏は確認されていない。
・食鳥処理場指導や食鳥検査センターへの指導等を通じ,食鳥肉の安全確保に努める。

■危機管理政策課から説明
・11/16 から協力いただいている全庁的な動員について,引き続きお願いする。


■危機管理環境部副部長から次のとおり各部局に指示
・県民の皆様の不安の払拭とともに死亡野鳥を発見した際の連絡手順等について,県民
の皆様に周知をお願いしていただきたい。
・食鳥検査の一層の徹底,風評被害の防止の周知徹底を図っていただきたい。
・香川県との県境に設けた6カ所の消毒ポイントの運営について,全庁的な動員をお願
いしているところであるが,しっかりと消毒の対応をお願いしたい。
・その他本県での発生に備え,再度,防疫措置の手順,動員計画等を確認いただきたい。

開催結果.pdf(108KB)会議資料.pdf(549KB)

関連記事

関連ワード

危機管理会議 鳥インフルエンザ

お問い合わせ

危機管理政策課

電話:088-621-2280

E-Mail:kikikanriseisakuka@pref.tokushima.jp