厚生労働省とKDDI株式会社は「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」を締結しました

2020/11/20  厚生労働省 

令和2年11月20日(金)

照会先

厚生労働省
健康局 結核感染症課
古元・南川
(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位

厚生労働省とKDDI株式会社は「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」を締結しました

本日、厚生労働省は、クラスター対策を迅速かつ効果的に実施し、クラスターの発生を封じ込めること等により、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する取組を進めるため、KDDI株式会社(以下「KDDI」)と「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供等に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。

政府においては、3月31日に、民間事業者等に対して、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資するデータの政府への提供の要請を行っていたところ、今回、KDDIから本要請の趣旨に賛同いただけるとの連絡があり、本協定の締結に至ったものです。

(参考)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に資する統計データ等の提供の要請について
(令和2年3月31日報道発表資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10621.html

本協定に基づき、KDDIは、スマートフォンの利用者の位置情報等を基に作成された人口分布・人口構成・移動人口等に関する統計データのうち、クラスター対策に資する情報を厚生労働省に提供します。また、厚生労働省は、KDDIから提供いただいた情報について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の目的において利用します。

今後も、民間事業者等と協定を締結した場合は、順次公表いたします。

関連業界