2021年3月期第2四半期決算説明会(質疑応答)

2020/11/20  株式会社 リボミック 

2020 年 11 月 20 日

株式会社リボミック

2021年3月期第2四半期決算説明会(質疑応答)

2020年11月19日(木)開催のアナリスト、機関投資家向け2021年3月期第2四半期決算説明会における質疑応答を記載させて頂きます。

尚、決算説明会の内容につきましては、本日掲載しました関連資料並びに後日配信予定の動画をご高覧願います。

1.COVID-19治療薬の開発について

質問
回答

コロナ治療薬の開発競争は非常に激しい状況ですが、リボミックがコロナ治療薬の研究開発を進める本気度を教えて下さい。

当社の優秀な研究員にコロナ治療薬の研究を担当させています。研究を進めるに従い、リード化合物の創製の難しさも実感していますが、同時に、打開する道筋も見えてきました。今後は、データを積み上げ理論的に研究を進めることができると感じています。

尚、ファイザー等のワクチンが高い有効性を示したと発表されていますが、コロナ感染対策としては、インフルエンザなどと同様、ワクチンと治療薬の両方が必要であり、いい治療薬は不可欠であると考えております。

当社としては、アプタマーで作る医薬品の特徴を十分に生かして、コロナ治療薬(そのコロナウィルスの変異体に対する治療薬も含め)の研究開発を進めていきたいと考えています。

コロナ治療薬試験用の実験動物は完成しているのでしょうか?

マウスについては、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の受容体であるヒト型ACE2を導入した感染系が報告されています。また、東大医科News Release 2 研の河岡教授らは、ハムスターがCOVID-19の優れた感染モデルになることを報告しており、関連する研究論文を発表しています。当社としては、治療用アプタマーを動物試験に進める場合には、河岡教授と提携し、ハムスターを利用した感染モデルで評価したいと考えています。

2.RBM-007(滲出型加齢黄斑変性)について

質問 回答

AMD(滲出型加齢黄斑変性)における瘢痕形成の抑制が達成できれば、製薬会社に本剤がより魅力的に映ると感じました。因みに、RBM-007(AMD)について、製薬会社とGlobalな提携の話が現在進んでいるのでしょうか?

複数のGlobal企業がRBM-007(AMD)に非常に強い関心を持っています。ですので、現在実施中のTOFU試験並びにRAMEN試験で良い成果が出れば、製薬会社との提携に進めると考えています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4591/tdnet/1908111/00.pdf

関連業界