第55回「京の冬の旅」キャンペーンについて

2020/11/19  西日本旅客鉄道 株式会社 

~事前予約や少人数制で安心の特別公開!~
京都デスティネーションキャンペーン
第 55 回 キャンペーンについて

2 0 2 0 年 1 1 月 1 9 日
JRグループ

JRグループでは、2021 年1月から3月にかけて京都市、公益社団法人 京都市観光協会(DMO KYOTO)と連携した京都デスティネーションキャンペーン「京の冬の旅」を実施します。第 55 回目を迎える今回は「京都に見る日本の文化」をメインテーマに,「非公開文化財特別公開」をはじめ、テーマに合わせて定期観光バスで巡る特別コースなど、多彩なイベントを実施します。

本年は新型コロナウイルス感染予防の観点から、京都市観光協会の呼びかけにより京都で観光に携わる 23 の業界団体の皆様とともに推進している「より一層『安心・安全』な京都観光を実現するための新型コロナウイルス感染症対策宣言(ガイドライン)」(以下「京都観光版ガイドライン」)を遵守したうえで実施するとともに、「非公開文化財特別公開」において、事前予約による受け入れ人数の制限を設けるなど、観光と市民生活の調和を実現し、観光客にとってもより質の高い京都観光を目指します。

JRグループの各駅・車内で展開するポスターには、千家十職「樂家らくけ」16 代 樂 吉左衞門氏、染司「よしおか」6代 吉岡 更紗氏、元ジュニア観光大使にご出演いただき、京の文化の魅力をご紹介します。

〈新しい観光への取組み〉

○京都観光版ガイドラインに基づいた対策
アルコール消毒やマスクの着用、人と人の距離を充分にとるなどの協力をお願いし、感染症予防対策を遵守しながら特別公開などを実施します。

○インターネットによる事前予約制の導入
非公開文化財特別公開事業においても、事前予約システムを導入することで、指定された時間ごとに人数を制限して拝観者の受け入れを行います。上限人数は、公開先の入口から出口までのおおよその距離に基づき、施設内や並び列における3つの“密”が生じないように設定しています。
なお、事前予約をされていない場合でも、当日受付で空きがあればご拝観いただけます。

○「マイくつ袋」推奨の取組み
京都を含む国内の観光地においては、靴を脱いで入場する施設も少なくありません。京都市観光協会では環境負荷軽減と新型コロナウイルス感染予防の観点から、施設でのビニール袋の配布は行わず、お客様に「マイくつ袋」を持参いただくよう推奨する取組みを実施します。当日くつ袋をお持ちでない方には、くつ箱をご利用いただきます。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201119_00_kyofuyunotabi.pdf

関連業界