X線応力測定器用の応力基準片「CMRS」を販売開始

2020/11/19  新東工業 株式会社 

2020 年 11 月 19 日

新東工業株式会社

X線応力測定器用の応力基準片「CMRSシリーズ」を販売開始
~測定が難しいX線応力測定を正確に実施~

新東工業株式会社(本社:名古屋市、社長 永井 淳)は、X線を使用した応力測定の正確性を維持する残留応力基準片「CMRSシリーズ」の販売を開始いたしました。

自動車のエンジンやブレーキの部品、航空機のタービンブレードや翼など、人の安全に関わる部品には耐久性や硬さ向上の観点から、熱処理やピーニング工程の後に X 線を使用した応力測定が行われています。応力測定は一般的な測定と異なり、高度で難解な原理を理解するための見識や繊細な測定技能が必要となるため、知識や技能を持たない作業者が測定を行う場合は正確な測定値を出力できないという課題があります。近年では、操作性が向上した測定器の登場などによって簡単に測定結果を出力できるようになったものの、測定値の正確性を確認するには専門知識が必要となるため、誰でも簡単に測定結果の正確性を確認するツールのニーズが高まってきています。

今回、当社が販売を開始する残留応力基準片「CMRSシリーズ」は、製品の残留応力を測定する際の基準となる金属片で、製品の測定前に行う測定器のチェックに使用します。このCMRSを活用することで、難解な測定の原理を理解することなく、また作業者の熟練度や測定器の種類・方式に関係なく、正確な測定を簡単に行うことが可能になります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.sinto.co.jp/system/data/20201119_bxvf5.pdf

他の画像

関連業界