イー・ガーディアングループ 「株式会社ジェイピー・セキュア」 グレスアベイルの国産クラウドWAF「GUARDIAX」販売開始 ~全方位に対応したWAFソリューションを提供し、企業のセキュリティ強化に貢献~

2021/01/12  イー・ガーディアン 株式会社 

2021年01月12日 ニュースリリース

イー・ガーディアングループ 「株式会社ジェイピー・セキュア」 グレスアベイルの国産クラウドWAF「GUARDIAX」販売開始 ~全方位に対応したWAFソリューションを提供し、企業のセキュリティ強化に貢献~

イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)のグループ会社である、株式会社ジェイピー・セキュア(https://www.jp-secure.com/ 神奈川県川崎市 代表取締役:齊藤 和男 以下、「ジェイピー・セキュア」)は、グループ会社である株式会社グレスアベイル(https://www.gresavail.com/ 東京都港区 代表取締役 CEO:澤井 祐史 以下、「グレスアベイル」)と販売代理店契約を締結し、DDoS攻撃にも対応した国産クラウド型WAF「GUARDIAX」の提供を開始いたします。これにより、ジェイピー・セキュアは全方位に対応したWAFソリューションが提供可能となりました。

イー・ガーディアングループは、「We Guard All」を企業理念に掲げ、インターネットのセキュリティをトータルにサポートすることを主眼として事業を拡大して参りました。
特にサイバーセキュリティ分野では、グループ会社である、WEBセキュリティ第一人者である徳丸浩が代表取締役を務めるEGセキュアソリューションズと、国産のクラウド型セキュリティサービスを開発・提供するグレスアベイル、国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF製品を提供するジェイピー・セキュアが連携し、サイバー攻撃の被害を最小化するためのより一層効果的なソリューション提供を行っております。

現在、サイバー攻撃による情報漏えいの件数は年々増加しています。情報セキュリティ白書2020によると、情報漏えい事件の中でも、攻撃方法として最も多いのは、WEBサイトに存在する脆弱性を狙った不正アクセスであることが明らかになりました。直近でも社内メールや売上など社内機密情報が不正アクセスにより取得され身代金が要求される事案が出るなど、サイバー攻撃の手法はますます複雑化・高度化の一途をたどっており、企業は自社にとって適切なセキュリティ対策をすることが急務とされています。
また社内機密情報だけでなく、ECサイトやオンライン教育など顧客情報を扱う事業者にとっては不正アクセスによる情報漏洩は大きな機会損失だけでなく、社会的信頼の低下など重大な影響を及ぼし、サービス存続にかかわる事態に発展する可能性があります。

このようなセキュリティ強化のニーズを受け、ジェイピー・セキュアは、様々な脅威に即時に対応しサイバー攻撃の被害を最小化することを目的に、グレスアベイルと販売代理店契約を締結する運びとなりました。
ジェイピー・セキュアは、国産ソフトウェアWAF「SiteGuard(サイトガード)シリーズ」の開発、販売、サポートを手がけております。「SiteGuardシリーズ」は、ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けレンタルサーバーまでに導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF製品です。

これらの既存製品に近年増加傾向にあるDDoS攻撃にも対応したグレスアベイルのクラウド型WAF「GUARDIAX SaaS版」をラインナップに加えることで、様々なWEBサイトやサーバー環境に応じ、全方位セキュリティソリューションの中から最適なWAFソリューションの提供が可能になります。全方位ソリューションの詳細やケースに応じた選定ポイントについては、「WAF選定ガイド(https://siteguard.jp-secure.com/resources/waf-selection-guide)」で分かりやすく解説しております。

またこの度、グループシナジーを活かしたWEBサイトの全方位セキュリティに対応したWAFソリューションの提供を記念し、クラウド型WAF「GUARDIAX SaaS版」をお得に導入いただける「GUARDIAX SaaS版導入 スタートアップキャンペーン」を2021年1月12日(火)より実施いたします。

今回の販売代理店契約締結により最適なWAFソリューションを提供し、様々なWEBサイトを防御することで企業の機密情報を守り、健全な事業活動継続に貢献いたします。

今後も、イー・ガーディアングループは、グループシナジーを活かし、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

【クラウド型WAF「GUARDIAX」について】

https://www.gresavail.com/guardiax-saas/

サイバー攻撃からWEBアプリケーションを防御するための次世代型WEBセキュリティ製品です。
商用製品として国内で初めて提供開始したコンテナ版と月額1万円~手軽に利用可能なSaaS版の2種類で提供し、長く脆弱性診断をしてきた知見を活かし偽陽性が少ないのに強固な防御を実現しております。また、防御ルールはサイト単位で設定可能な点や直観的なUI/UXにより導入後の運用・管理のしやすさにも定評があります。さらに、近年増加傾向にあるDDoS攻撃にも対応しているため、サイトやサーバーに大量の通信が送付されてもサービスを止めず健全な事業継続が可能となります。

【イー・ガーディアングループ 概要】

1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内8都市海外3都市19拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■株式会社ジェイピー・セキュア 会社概要

代表者: 代表取締役 齊藤 和男
所在地: 神奈川県川崎市幸区堀川町580ソリッドスクエア 東館6F
設立: 2008年7月
資本金: 11,000,000 円
業務内容: セキュリティ関連製品の開発・販売・サポート
URL: https://www.jp-secure.com/

■株式会社グレスアベイル 会社概要

代表者: 代表取締役CEO 澤井 祐史
所在地: 東京都港区赤坂三丁目1番2号 BIZCORE赤坂見附7F
設立: 2015年6月
資本金: 1億円
業務内容: 高度なセキュリティ対策技術の研究・調査、各種技術支援サービスを提供するとともに、最先端のサイバーセキュリティ対策製品の開発を進め、自社開発の次世代クラウド型セキュリティサービスをリリース。当社では「日本発のサイバーセキュリティ創造へ」をスローガンに製品・サービスの品質向上に努めてまいります。
URL: https://www.gresavail.com/

■EGセキュアソリューションズ 会社概要

代表者: 代表取締役 徳丸 浩
所在地: 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立: 2008年4月
資本金: 500万円(2020年9月末現在)
業務内容: 1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆、教育
3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4.コンピュータシステムの企画、設計、開発、保守、販売
URL: https://www.eg-secure.co.jp/

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要

代表者: 代表取締役社長 高谷 康久
所在地: 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立: 1998年5月
資本金: 36,428万円(2020年9月末日現在)
業務内容: ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL:

https://www.e-guardian.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

【本リリースのPDF版は下記をご覧ください】

【News Release】イー・ガーディアングループ 「株式会社ジェイピー・セキュア」グレスアベイルの国産クラウドWAF「GUARDIAX」販売開始

関連業界

情報・通信業界のニュース