【イベントレポート】スタートアップ企業のピッチイベント「第2回スタートアップ・メンタリング・プログラム ~シリコンバレーへの挑戦~」を開催

2021/01/12  fabbit 

2021年01月12日

【イベントレポート】スタートアップ企業のピッチイベント「第2回スタートアップ・メンタリング・プログラム 〜シリコンバレーへの挑戦〜」を開催

Japanese followed by English

株式会社システムソフト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉尾 春樹、東証一部:7527)でスタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営を行うfabbitは、一般社団法人東京ニュービジネス協議会(以下NBC)との共催で「第2回スタートアップ・メンタリング・プログラム 〜シリコンバレーへの挑戦〜」と題したピッチイベントのレポートを公開します。当イベントは、9月に開催し、大変ご好評いただきましたNBCと共催のピッチ・メンタリングイベントの第2弾になります。

イベントレポート
当日は、NBCの審査を通過した企業6社がピッチプレゼンを実施し、株式会社Ubicomホールディングス 代表取締役社長でNBC理事の青木正之氏、株式会社MS-Japan 代表取締役社長の有本隆浩氏、株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大氏、株式会社クリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長でNBC会長の井川幸広氏、アートグリーン株式会社 代表取締役 田中豊氏、そしてfabbitの田中保成が参加し、その場でメンタリングを行いました。

1社目は、東京工業大学発ベンチャーのGoMA株式会社の代表取締役の平賀良氏がピッチを行いました。同社は、非接触型検温機やバイタルデータを取得できるスマートウォッチ向けアプリなどのソフトウェア開発事業を展開しており、本ピッチでは、行政職員の労働負担を軽減する「LINE通報システム」について紹介しました。このシステムは道路の破損などの公共インフラの異常をLINEを通じてタップするだけで通報できることが特徴です。GoMA株式会社では、自治体向けサービスを切り口に、将来的にはLINE上で利用できる支払・予約・ブラウザ・相談などの機能をひとつのパッケージとして民間企業へ展開すること、そして蓄積したデータを活用するマーケティング企業へ成長していきたいというビジョンを語りました。

2社目は、ゲーミフィケーションとAIを活用した釣果記録アプリFish Rankerを開発するSIIG株式会社 代表取締役の谷川奨氏がピッチを行いました。Fish Rankerはタップをするだけで釣果の記録と仲間との共有ができるほか、近くの釣果情報を知ることができるアプリです。楽しみながら投稿してもらえるように、魚種やサイズ、投稿回数によって称号を与えたり、ランキングを表示したり、ゲーミフィケーションの要素を取り入れている点が他アプリと異なるといいます。今後は、スマホカメラを使って魚の大きさを計測したり、魚種を判別したりできるAIを開発しています。さらには、蓄積したデータをもとに統計データを有料で提供するほか、Eコマースとの連携を通じて、マネタイズを行っていくというビジョンが紹介されました。

3社目は、リハビリテーション業界でのセラピストの教育環境の変革を目指すRehatech Links株式会社の代表取締役社長兼CEOの大北潤氏がピッチを行いました。同社の提供するリハデミーは、リハビリ業界最大級の教育プラットフォームとして、専門家が監修した、教育背景の揃ったコンテンツをカリキュラムとして系統立てて提供しています。知識、情報収集力、総合判断力、技能、態度という5つの項目よって能力を定義し、個々に合った最適な教育コンテンツを提供することで、理学療法士、作業療法士の技量を高めていくことができます。大北氏は、今後、介護、整体、医師・看護師・准看護師の教育市場へも広げていくと語りました。

4社目は、シンガポールに拠点をDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.のCo-CEOである椎名 茂氏がピッチを行いました。同社では、インターネット上の情報のように価値を交換できるブロックチェーン技術を活用した循環型経済を組成することを目指しています。その一例として、ゲームをプレイした人に暗号資産を供給し、その暗号資産を使ってゲームキャラクターなどのデジタルアートを購入してもらい、その購入で得た収益をゲーム会社だけでなく、クリエイターにも分配するという仕組みを紹介しました。暗号資産取引所への上場もしており、同社のプラットフォーム上では、著名漫画家のアート作品もデジタル化して取引しています。現在のユーザーは15万人を超えており、2021年には100万人のユーザー突破を目指していると語りました。

5社目は、日本で初めて弁護士費用を対象にした保険「Mikata」を提供するプリベント少額短期保険株式会社 代表取締役の花岡 裕之氏がピッチを行いました。健康保険のように、日常生活や事業で法的なトラブルが起きた場合の担保をする保険を提供しています。通常、弁護士に依頼する場合は着手金に加えて、成功報酬もかかるため、少額の案件では弁護士には依頼しづらかったといいます。この保険では、一定の割合を支払うだけで弁護士への相談や委任できます。ピッチでは偶発的な事故や売掛金のトラブルでの解決事例を紹介しました。中小企業、個人事業主やフリーランスなどの顧問弁護士を雇えない人たちを対象にしており、今後はIPOを目指していると語りました。

6社目はアフリカで配車アプリのドライバー向けにアセットファイナンスを行う株式会社HAKKI AFRICAの代表取締役の小林嶺司氏が、ケニアのナイロビからピッチを行いました。ケニアでは多くの人が信用不足で銀行のローンが組めないため、車の所有率は2.4%だといいます。同社では、UberやBoltといった配車アプリのドライバー向けに、売り上げデータや走行データ、GPS情報、そして同社独自の信用スコアデータなどを元にした与信基準を活用した、中古車ファイナンスを行っています。同社では、7年後の銀行登録を目指して事業を展開しており、努力が報われないことから努力することをあきらめる人がいるアフリカで、誠実な努力が公平に報われる世界をつくりたい、と語りました。

メンターからは、アイデアや熱意を評価する声が上がったほか、各社のビジネスに非常に大きな期待や関心ががうかがわれました。また、魅力あるビジネスモデルであるからこそ、よりスケールするために何が必要であるか、厳しい指摘と、打開するためのアイデアなど、熱のこもった言葉が送られました。

fabbitでは、コワーキングスペースやレンタルオフィスの運営に加えて、スタートアップ企業の成長支援も行っています。これからも、多種多様なイベントや交流会を開催し、最先端の情報やビジネストレンド、さらには事業に役立つ情報をお届けしてまいります。なお、fabbit会員サイトでは、本イベントを含む過去の動画を公開していますので、ぜひご覧ください。

また、fabbitが開催するイベント情報は下記をご覧ください。

https://fabbit.co.jp/event/

以上

【株式会社システムソフトの会社概要】

代表者:代表取締役社長 吉尾 春樹

本社所在地:東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル2階

[Event Report] “The 2nd Startup Mentoring Program – Challenge to Silicon Valley Vol.2”, a pitch event for startup companies

fabbit, which supports start-up companies and operates co-working spaces as a subsidiary of SystemSoft Corporation (headquartered in Chiyoda-ku, Tokyo; CEO: Haruki Yoshio; TSE Code: 7527), today released a report on the 2nd Startup Mentoring Program – Challenge to Silicon Valley . This is the second pitch and mentoring event co-sponsored by NBC, which was held in September and was given high recognition.

Event Report
Six companies passed the NBC screening and conducted pitch presentations at the event. The judges included Masayuki Aoki, President of Ubicom Holdings, Inc. and NBC board member; Takahiro Arimoto, President of MS-Japan Inc. Ltd. and Chairman of NBC, Mr. Yukihiro Igawa, President of Creek and River, Mr. Yutaka Tanaka, Representative Director of Art Green Co., Ltd., and Yasunari Tanaka of fabbit gave on-the-spot mentoring.

The first company was GoMA Corporation, a venture from Tokyo Institute of Technology, and its CEO Mr. Ryo Hiraga delivered a pitch. The company is developing software businesses such as non-contact temperature detectors and applications for smart watches that can acquire vital data. In the pitch, he introduced the “LINE reporting system” that reduces the workload of administrative staff. This system is characterized by its ability to report abnormalities in public infrastructure, such as road damage with just a tap via LINE. GoMA also hopes to expand its services to private sectors as a single package with payment, reservation, browser, and consultation functions available on LINE, and to grow into a marketing company that utilizes accumulated data.

The second company was SIIG Corporation, a developer of Fish Ranker, a gamification and AI-based fishing app that allows users to record and share their catches with friends and learn about nearby catches with just a tap. Fish Ranker is different from other apps in that it incorporates elements of gamification, such as giving titles and displaying rankings based on fish species, size, and the number of times a fish has been posted, so that users can enjoy posting their catches. They are also developing AI that can measure the fish size and identify fish species using a smartphone camera. He introduced his vision of providing statistical data for a fee based on the accumulated data, and monetizing it through collaboration with e-commerce.

The third company was Rehatech Links, Inc., which is committed to transform the educational environment for therapists in the rehabilitation industry. Rehademy, the rehabilitation industry provided by the company is one of the largest educational platforms that offers a systematic curriculum content supervised by experts with a complete educational background. It defines competencies in five categories: knowledge, information gathering ability, overall judgment, skills, and attitude, and provides optimal educational content that suits each individual to enhance physical and occupational therapists skills. Mr. Ohkita shared his vision to expand their business and include the education market for nursing care, osteopathy, doctors, nurses, and assistant nurses.

Mr. Shigeru Shiina, Co-CEO of Digital Entertainment Asset Pte was the fourth one who delivered a pitch. The company aims to create a circular economy using blockchain technology, which enables value exchange like information on the Internet. As an example, the company introduced a system in which cryptocurrencies are supplied to people who play games, and used crypto assets to purchase digital art of game characters, etc . including how to use crypto assets to purchase not only game companies but also creators. Artwork by famous manga artists is also digitized and traded in the same way. The company is also listed on the Cryptocurrency Exchange, and has over 150,000 current users, and is aiming to surpass 1 million users by 2021.

The fifth representative to make a pitch was Mr. Hiroyuki Hanaoka, CEO of Prevent SAST Insurance Co., Ltd. Like health insurance, Mikata provides insurance to guarantee against legal problems in daily life and business. Normally, when hiring a lawyer, a contingency fee is charged in addition to the initial fee, which made it difficult to hire a lawyer for small cases. With this insurance, you can consult or delegate to a lawyer by simply paying a certain percentage. In his pitch, he introduced some resolution cases in accidental accidents and accounts receivable problems, and stated that he is aiming for an IPO in the future, targeting small and medium-sized companies, sole proprietors and freelancers who cannot hire legal counsel.

The sixth company, HAKKI AFRICA Corporation, which provides asset finance for drivers of car-dispatch apps in Africa, was represented by Mr. Reiji Kobayashi, who pitched from Nairobi, Kenya. In Kenya, many people are unable to get bank loans due to lack of credit, and the car ownership rate is 2.4%. The company provides used car financing for drivers of car-delivery apps such as Uber and Bolt, using credit criteria based on sales data, driving data, GPS information, and the company’s own credit score data. In Africa, where some people give up on their efforts because they are not rewarded for their efforts, the company hopes to create a world where sincere efforts are fairly rewarded.

The mentors praised the ideas and enthusiasm of the participants and showed great expectations and interest in their businesses. The mentors were also enthusiastic about the attractive business model, and gave strict and comprehensive advice on what is needed to scale up the business, as well as ideas on how to break through.

In addition to operating coworking spaces and rental offices, fabbit also supports the growth of start-up companies. We will continue to hold a wide variety of events and social gatherings to deliver cutting-edge information, business trends, and useful information for businesses. fabbit members are welcome to view past videos including this event on the fabbit members’ website.

For fabbit members, past videos including this event are available on the fabbit members’ website. Please see below for events information held by fabbit.

https://fabbit.co.jp/event/

【Company Profile of SystemSoft Corporation】
Representative: Haruki Yoshio
Head office: Asahi Seimei Otemachi Building 2nd Floor, 2-6-1 Otemachi, Chiyoda-ku, Tokyo

関連業界