独自の「ツイステッドフレアポート」を採用し、クリアな低域再生と軽量化を両立した新モデルが登場 - ヤマハ パワードモニタースピーカー『MSP3A』

2021/01/12  ヤマハ 株式会社 

2021年01月12日

独自の「ツイステッドフレアポート」を採用し、
クリアな低域再生と軽量化を両立した新モデルが登場

ヤマハ パワードモニタースピーカー『MSP3A』

PDFダウンロード(5,614KB)

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、小規模なプライベートスタジオに最適なコンパクトサイズのパワードモニタースピーカー 『MSP3A』を2021年2月に発売します。

画像ダウンロード

パワードモニタースピーカー『MSP3A』

今回発売する『MSP3A』は、リファレンスモニターとして好評を得ている「MSPシリーズ」のコンパクトサイズのパワードモニタースピーカーです。前モデル「MSP3」から大幅に軽量化(4.4kg→3.6kg)し、小規模なプライベートスタジオやポストプロダクションだけでなく、電子楽器のモニターやサラウンドシステム用としても適しています。また、バスレフポートには、ポート両端で発生するノイズを大幅に抑制する独自技術「ツイステッドフレアポート」を採用し、よりクリアで忠実な低域再生を実現しました。入力端子は、RCAピン端子に加えて+4dB出力をダイレクトに接続できるXLR端子/TRSフォーン端子(コンボ端子)を搭載しています。その他、別売りのブラケットやマイクスタンドアダプターと組み合わせることで、天吊りや壁面設置、マイクスタンドへの設置が可能です。

概要

  1. 軽量化した筐体に22Wのパワーアンプを内蔵し、高品位なリファレンスサウンドを追求
  2. 独自の「ツイステッドフレアポート」を採用し、クリアで忠実な低域再生を実現
  3. さまざまな使用シーンに応える入力端子&前面操作子
品名 品番 価格 発売時期
パワードモニタースピーカー MSP3A オープン 2021年2月

主な特長

1.軽量化した筐体に22Wのパワーアンプを内蔵し、高品位なリファレンスサウンドを追求

『MSP3A』は、10cmウーファーと2.2cmツイーターを搭載した2ウェイ・バスレフ方式を採用し、スピーカーの特性に最適化された22Wのパワーアンプを内蔵しました。また、前モデル「MSP3」と同サイズのキャビネットながら大幅な軽量化(4.4kg→3.6kg)を実現し、可搬性がより高くなり、設置場所の変更にも容易に対応できるようになりました。音質面では、コンパクトながら「MSPシリーズ」の高品位なリファレンスサウンドを忠実に継承し、小規模なプライベートスタジオやポストプロダクションでの使用はもちろん、電子楽器のモニターやサラウンドシステム用としても最適です。

2.独自の「ツイステッドフレアポート」を採用し、クリアで忠実な低域再生を実現

ポート両端で発生するノイズを大幅に抑制する独自技術「ツイステッドフレアポート」を新たに採用しました。ポートの入口から出口に向かってその広がり方を変化させ、さらに「ひねり」を加えることでノイズの原因となっていたポート両端での気流の乱れを抑え、クリアで忠実な低域再生を実現します。気になる音の濁りやポート両端で発生するノイズを低減し、正確な音程・リズム感が重要となるリファレンススピーカーとして最適な低域再生を体感いただけます。

3.さまざまな使用シーンに応える入力端子&前面操作子

プロ用音響機器やミキサーの+4dB出力をダイレクトに接続できるXLR/TRSフォーン端子に加え、電子楽器や民生用音響機器の接続に便利なRCA端子を搭載しています。また、トーンコントロール機能も装備しており、設置場所や部屋鳴りなどのモニター環境に合わせて音質を調整することができます。

4.別売りのオプション品と組み合わせることで、さまざまな設置方法に対応

本体底面にM5ネジ穴(60mmピッチ)を備えており、別売りのブラケットと組み合わせることで、天井に吊ったり壁面に設置することが可能です。また、別売りのマイクスタンドアダプター「BMS-10A」を使えば、一般的なマイクスタンドに設置することもできます。

主な仕様

モデル名 MSP3A
形式 2ウェイ・バスレフ型パワードスピーカー
クロスオーバー周波数 4.0kHz
再生周波数帯域 67Hz~22kHz (-10dB)
最大音圧レベル 99dB SPL(1m)
寸法・質量 144(W)× 236(H)× 166(D)mm ・ 3.6kg
その他 防磁設計
スピーカー部 ユニット LF:10cmコーン+HF:2.2cmドーム
エンクロージャー バスレフ型(ツイステッドフレアポート)
アンプ部 定格最大出力 22W at 1kHz, THD=0.1%, RL=4Ω
入力感度・インピーダンス Line1:-10dB/10kΩ、Line2:+4.0dB/10kΩ
S/N 95dB (A weighting)
コントロール レベルコントロール:Line1 & Line2
トーンコントロール
Low:Center,
REF = 100Hz: MIN -3.0 ± 2.0 dB, MAX +3.0 ± 2.0 dB
HIGH = Center,
REF = 10kHz: MIN -3.0 ± 2.0 dB, MAX +3.0 ± 2.0 dB
コネクター Line1:RCAピン(アンバランス)
Line2:コンボ(XLR & TRSフォーン)
パワーインジケーター 緑LED
電源 AC100V・50/60Hz
消費電力 30W
  • ※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
  • ※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

関連リンク

同じカテゴリーのニュースリリース

ニュースリリースについて

Twitter

ヤマハのニュースリリースをTwitterで配信しています。

YouTube

主な記者発表の模様をYouTubeで配信しています。

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース