第29回オープン収蔵展示「Life in Jomon- 縄文時代の長崎 -」について

2021/02/19  長崎県庁 

第29回オープン収蔵展示「Life in Jomon- 縄文時代の長崎 -」について


担当課 長崎県埋蔵文化財センター
担当者名 久保田、寺田
電話番号 直通:0920-45-4080

2021年2月19日更新

下記のとおり開催しますので、お知らせします。

事業趣旨

長崎県が発掘調査に関わった県内遺跡の出土品等を、壱岐市立一支国博物館のガラス張りとなったオープン収蔵展示室を活用し、テーマを定めて展示することで、調査研究の成果をわかりやすく広報します。

題名

Life in Jomon -縄文時代の長崎 –

場所

壱岐市立一支国博物館1階オープン収蔵展示室

期間

令和3年2月26日(金曜日)から令和3年6月27日(日曜日)

展示内容

縄文時代は、主に採集・漁労・狩猟による定住生活が1万年以上続いた時代です。年表にすると日本の歴史の大部分を占める途方もなく長い年月を、縄文人はどのように生きたのでしょうか。本展では、県内の遺跡から出土した縄文時代の貴重な資料を通して、縄文時代の暮らしぶりをご紹介します。

主な展示品

土偶(西常盤遺跡:諫早市)、阿高式土器(千里ヶ浜遺跡:平戸市)、鐘ヶ崎式系土器(白浜貝塚:五島市)、貝製品、木器(中島遺跡:五島市)、黒色磨研土器(黒丸遺跡:大村市)など

その他

観覧は無料です。

第29回オープン収蔵展示「Life in Jomon 縄文時代の長崎」[PDFファイル/850KB]

先頭に戻る

メニュー