連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ

2021/02/19  株式会社 ガイアックス 


2021 年2月 19 日
株式会社ガイアックス

連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ

当社は、本日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるEDGE株式会社(以下、「子会社EDGE」といいます。)の発行済株式の一部をEDGE株式会社(以下、「EDGE」といいます。)に譲渡することを決議し、株式譲渡契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。なお、EDGEは、当社からの株式譲受と併せて複数の引受人に対して第三者割当増資を実施し、その後子会社EDGEと合併して存続し、子会社EDGEは消滅する予定です。



1.株式譲渡の理由

子会社 EDGE は、人事課題解決に特化したサービス「エアリー」シリーズを、国内大手企業を中心とした法人向けに展開しており、HR テクノロジーとして 600 以上の導入実績を有しております。当社からカーブアウトして子会社化した 2017 年4月以降も事業を伸ばしておりますが、コロナ禍における社内コミュニケーションスタイルの変化、人事課題の変化に対応すべく、1on1を改善するエアリーフィードバックをリリースするなど、今後は新規事業にも注力していく方針です。このような状況下でさらに成長を加速させるためには、企業向けソフトウェア事業を展開する企業、新卒採用領域におけるコンサルティング事業を展開する企業など、子会社 EDGE の開発力を向上させ、販売促進にシナジーを見出せる企業との資本提携により、新たな体制で事業拡大を目指すべきと判断いたしました。

一方当社グループは、創業以来「Empowering the people to connect ~人と人をつなげる」をミッションとして、人と人が考えていることを通わせるコミュニケーションの促進を目指しております。近年では積極投資領域として、ソーシャルメディアの浸透によって生まれた、個々人を結びつける事業であるシェアリングエコノミー事業に注力し、「人と人をつなげる」事業への特化が当社グループの企業価値を増大させるために不可欠であると考え、数々のシェアリングエコノミー関連サービスの提供や、優良なスタートアップ企業への出資を行ってまいりました。また、コロナ禍の顧客ニーズに合わせ、オンライン配信支援サービス、オンライン就活などのオンライン系サービスラインナップの拡充にも取り組んでおります。当社グループの事業はそれぞれが社会的な価値を有していると確信しており、各事業がより早く、より確実に成長することが当社グループだけでなく、社会への価値還元のために必要と考えております。そのための取り組みとして、カーブアウト制度による事業の子会社化と外部資本の活用を推進しており、結果として株式上場を達成した事例も出てまいりました。子会社 EDGE においても、事業シナジーのあるパートナーの資本を活用するとともに、大規模な資本構成の変更を行うことが、将来的な株式上場を目指す上で不可欠であると判断し、また、当社グループの今後の成長戦略の上でも、子会社 EDGE の企業価値の向上が、インキュベーションセグメントにおける利益につながると判断し、今回の決定に至りました。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3775/tdnet/1937324/00.pdf

関連業界