Bluetooth(R)通信機能を搭載したA&D Connect製品シリーズの第3弾として、スマートフォンのアプリで体温を管理することができる予測式体温計「UT-201BLE Plus」を新発売いたします

2021/02/19  株式会社 エー・アンド・デイ 

Bluetooth(R)通信機能を搭載したA&D Connect製品シリーズの第3弾として、スマートフォンのアプリで体温を管理することができる予測式体温計「UT-201BLE Plus」を新発売いたします

株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、代表取締役執行役員社長:森島 泰信)は、Bluetooth通信機能を搭載し、スマートフォンのアプリで体温を管理することができる予測式体温計「UT-201BLE Plus」〔販売名:エー・アンド・デイ 電子体温計 UT-201〕を新発売いたします。測定した体温データを自動的にスマートフォンに送信し、iPhone/Androidに対応した無料の健康管理アプリ「A&D Connect Smart」で一覧化したり、見やすいグラフにして管理することができます。また、データをメールやSNSで遠隔地の医療関係者やご家族と共有することができます。

【1.スマートフォン対応予測式体温計「UT-201BLE Plus」の主な特長】

https://www.aandd.co.jp/products/medical/hhc/hhc-thermometer/ut201ble-plus/

●予測式体温計

・ 予測式体温計は平衡温の予測値を表示するため、読み取った温度をそのまま表示する実測式体温計よりも短時間で体温を測定することができます。
・ 体温計を腋の下に挟み、約30秒で体温測定ができます。
・ 検温終了とデータ送信の状況を、ブザー音と光でお知らせいたします。
・ 内部メモリは90データまで保存できます。
・ 見やすい大型液晶表示を採用しています。

●スマートフォン対応(iPhone/Android)

・ Bluetooth通信機能を搭載しているので、測定した体温データが自動的にスマートフォンのアプリにデータ送信されます。
・ 医療関係者やご家族など、特定の方と通信するためには事前にペアリングが必要です。

●医療機器認証番号

224AHBZX00013000

【2.A&D Connectシリーズ】

A&D Connectは、医療・健康機器の接続性を高め、測定データを積極的に活用し、健康増進を図ることを目的とした製品シリーズです。

予測式体温計「UT-201BLE Plus」は同シリーズの第3弾となるもので、2020年3月25日にシリーズ第1弾してBluetooth内蔵 上腕式ホースレス血圧計「UA-1200BLE」を、2020年12月10日にシリーズ第2弾としてBluetooth内蔵 家庭用体組成計「UC-421BLE」を発売しています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.aandd.co.jp/pdf_storage/whatsnew/2021/0219_ut201ble-plus.pdf

他の画像

関連業界