LINE Financialとみずほ銀行によるLINE Bank設立準備会社への追加出資および経営体制変更について

2021/02/22  株式会社 みずほフィナンシャルグループ 


2021.2.22
LINE 株式会社
株式会社みずほフィナンシャルグループ
LINE Financial 株式会社
株式会社みずほ銀行
LINE Bank 設立準備株式会社

LINE Financial とみずほ銀行による
LINE Bank 設立準備会社への追加出資および経営体制変更について

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「LINE」)と株式会社みずほフィナンシャルグループ(本社:東京都千代田区、執行役社長:坂井 辰史)は、両社傘下のLINE Financial 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:齊藤 哲彦、以下「LINE Financial」)および株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、頭取:藤原 弘治、以下「みずほ銀行」)を通じた共同出資により、「LINE」とリンクした、親しみやすく利用しやすい“スマホ銀行”の提供に向け、2019 年 5 月に LINE Bank 設立準備株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:齊藤 哲彦、以下「LINE Bank 設立準備会社」)を設立し開業に向けた準備を進めてきました。

このたび、LINE Financial とみずほ銀行は、開業に向けて必要な LINE Bank 設立準備会社への追加出資と同社の経営体制変更を決定しました。LINE Bank 設立準備会社では、関係当局の許認可等を前提に、2022 年度中の新銀行の設立を目指して準備を進めていきます。

追加出資と経営体制変更の背景

LINE Bank 設立準備会社では、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によるキャッシュレス化の拡大や DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速等、スマートフォンで金融サービスが利用できる「スマホ金融」への幅広い世代からのニーズの高まりを受け、新銀行の目指す姿を、デジタルネイティブ世代を中心に、幅広いユーザーが圧倒的な利便性を実感できる、唯一の「コミュニケーションアプリ内で完結する『スマホベースのメインバンク』」として、開発を進めていくこととしました。

追加出資と経営体制変更の内容

開業に向けたシステム開発を更に加速させるため、LINE Financial とみずほ銀行より、LINE Bank 設立準備会社へ合計 120 億円の追加出資を実施しました。これにより、LINE Bank 設立準備会社の資本金および資本準備金は、165 億円となります。また、新銀行に向けた LINE Financial とみずほ銀行の連携の強化、イコールパートナーとしてのコミットメントを明確にする観点から、経営体制を Co-CEO 体制とし、現在の CEO に加え、新たにみずほ銀行が指名するCo-CEO が就任するとともに、Co-CEO 以外の取締役・監査役についても LINE Financial が指名する役員 4 名、みずほ銀行が指名する役員 4 名と同数とすることで、LINE Bank 設立準備会社におけるガバナンス体制をこれまで以上に強固なものとしていきます。新任の Co-CEO については、決定次第発表する予定です。

今後の展開

LINE Bank 設立準備会社では、「LINE」の月間利用者数 8,600 万人を超えるユーザーベース、ユーザビリティの高いUI/UX と、みずほ銀行が培ってきた銀行業におけるノウハウを活かし、LINE アプリ上で全ての銀行サービスが完結する他にはない“スマホ銀行”の提供を予定しています。伝統的な銀行サービスにはない、スマートフォンベースでありながら対面のようなコミュニケーションを併せ持ち、親しみやすく、圧倒的な利便性を持つサービスを提供することで、新たな金融体験を実現していきます。銀行に行くのではなく、日々利用するスマートフォン、まさに“手のひらの中で完結する”銀行サービスを提供し、ユーザーお一人おひとりに寄り添い、日常的に安心・安全にご利用いただけるメインバンクを目指します。

LINE Financial とみずほ銀行は、準備を進める“スマホ銀行”を通じて、より一層質の高い、安心安全なサービスの実現に向け、引き続き徹底的なユーザー視点の追求と新たな金融体験の提供へ取り組んでいきます。

なお、新銀行の概要、具体的なサービス内容、スケジュール等の詳細については、決定次第、改めてお知らせします。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20210222release_jp.pdf

関連業界