万代島地区の賑わい創出の取組を推進するための優先交渉者について

2021/06/11  新潟県  

万代島地区の賑わい創出の取組を推進するための優先交渉者について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0402715 更新日:2021年6月11日更新

県・新潟市では、万代島地区のより一層の賑わい創出の取組を推進するため、その中核を担う新潟万代島総合企画株式会社の経営を行政主導から民間主導に転換することで、民間事業者としての特徴を最大限発揮できる体制を構築し、万代島地区の継続的な賑わい創出につなげていくこととしました。
そのため、本年4月に指名型プロポーザルにより企画提案を募集したところ1社から応募があり、6月4日(金)に行った企画提案の審査結果を踏まえ、下記のとおり優先交渉者を決定しました。

1 優先交渉者

万代島フロンティアカンパニー株式会社(仮)

※出資予定社及び賛同社
ホテル朱鷺メッセ (株)、ナミックス(株)、サトウ食品(株)、(株)本間組、
(株)キタック、(株)第一印刷所、(株)ハードオフコーポレーション、
(株)新潟クボタ、(株)栗山米菓、 等

2 企画提案の講評

今後、新たに設立する「万代島フロンティアカンパニー株式会社(仮)」の企画提案は、万代島地区の日常的な賑わい創出にオール新潟で取り組む体制や、広く県内の企業や個人の交流を促進する場を構築する点などで優れた提案であると評価されました。
今後、万代島地区の公共性にも配慮しつつ、企業や県民・新潟市民の交流が活性化するような仕掛けづくりに継続的に取り組まれること、そして個々の提案事業がシナジーを発揮しながら進められることを期待するところです。

参考:審査委員会委員
新潟大学人文社会科学系 長尾 雅信准教授
税理士法人小川会計 結城 宏之税理士
新潟商工会議所 早福 弘専務理事 他、行政委員(県、新潟市)

3 その他

今後、優先交渉者と詳細を詰め、協議が整い次第、契約を締結します。

報道資料 [PDFファイル/211KB]

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

交通政策局 港湾振興課
万代島・東港管理係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎
Tel:025-280-5100 Fax:025-280-5089 メールでのお問い合わせはこちら

他の画像