バイオマスを原料とする非石油由来化学品の開発・事業化を手がけるGreen Earth Institute社に出資参画

2021/06/11  双日 株式会社 

双日、バイオマスを原料とする非石油由来化学品の開発・事業化を手がけるGreen Earth Institute社に出資参画

~ 低炭素社会・循環型社会の実現に貢献するバイオ化学品事業の構築を目指す ~

PDF版[282.7 KB]

2021年6月11日
双日株式会社

双日株式会社(以下「双日」)は、このたび、バイオマス原料由来の化学品製造技術を有するGreen Earth Institute株式会社(以下「GEI社」、本社:東京都文京区)の第三者割当増資を引き受け、GEI社に出資しました。

GEI社は、公益財団法人地球環境産業技術研究機構(以下「RITE」)発のバイオベンチャー企業です。従来、化学品は石油を原料として製造されていますが、GEI社は、バイオマスの中でも特に、食料や飼料と競合しない非可食バイオマス(植物の茎や葉など)や、農業・食品工場で出た残渣を原料とし、食品・飼料向けアミノ酸、石油由来ではない化学品(バイオ化学品)、バイオ燃料の開発および商業化をおこなっています。

GEI社のコア技術は、RITEが開発した微生物(コリネ菌)を用いた革新的な発酵生産プロセス(バイオリファイナリー技術)です。従来、処理が難しいとされてきた、非可食バイオマス原料に含まれる特有な糖類の効率的な利用、および発酵阻害物質による影響の排除を実現することで、高効率・低コストでの製品製造が可能となります。また、遺伝子組み換え技術により、目的製品に応じた菌体開発をおこなうことで、多様なバイオ化学品製造への応用が可能です。

【GEI社のバイオ化学品製造】

【発酵生産に用いるコリネ菌】
このリリースの画像:
▼GEI社のバイオ化学品製造
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=2182133
▼発酵生産に用いるコリネ菌
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=2182134

現状、化学業界は気候変動、環境汚染、資源枯渇リスクといった問題を背景に大きな転換期にあり、環境負荷の低い低炭素社会や循環型社会に則した事業構築の必要性が増しています。このような状況下、バイオ化学品市場は、今後大きな伸びが期待されます。

双日は、GEI社への出資を通じて、同社の有する革新的な発酵生産技術を活用した、バイオ化学品分野での新たな事業の構築を目指します。さらに、双日がこれまで培ってきた全世界約5,000社におよぶ化学業界での顧客ネットワークや販売・調達ネットワーク、既存事業の強みを活用し、低炭素社会・循環型社会に貢献する環境ビジネスの創出により、持続的成長を実現していきます。

(ご参考)

GEI社の概要

会社名 Green Earth Institute株式会社
設立 2011年
所在地 本社 :東京都文京区本郷7-3-1(東京大学アントレプレナーラボ)
研究所:千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-9
代表者 代表取締役CEO 伊原 智人
事業内容 革新的なバイオリファイナリー技術を活用した、バイオマス原料からのグリーン化学品やバイオ燃料の開発および事業化
Webサイト http://gei.co.jp/ja/

RITEの概要

法人名 公益財団法人地球環境産業技術研究機構
設立 1990年
所在地 本部 :京都府木津川市木津川台9-2
東京事務所:東京都港区虎ノ門1-4-3NT虎ノ門ビル8F
代表者 理事長 茅 陽一
事業内容 地球環境の保全と世界経済の発展に貢献する産業技術に関する研究開発や調査研究など
Webサイト https://www.rite.or.jp/

他の画像

関連業界