「みなと銀行本店ビル」における再生可能エネルギー由来の電力への切替えについて

2021/06/11  株式会社 りそなホールディングス 

「みなと銀行本店ビル」における再生可能エネルギー由来の電力への切替えについて

2021年6月11日

株式会社 みなと銀行

関西みらいフィナンシャルグループのみなと銀行(社長 武市 寿一)は、本年8月より、「本店ビル」で使用する電力に、シン・エナジー株式会社の「実質再エネオプション特約」を導入いたします。

これにより「本店ビル」で使用する電力の全量が、実質的に再生可能エネルギー由来のCO2を排出しない電気※1に切り替わり、年間約560トンのCO2排出量の削減を見込みます。これは杉の木約40,000本が1年間に吸収するCO2※2に相当します。

今後も、関西みらいフィナンシャルグループは、本業を通じ地域経済の活性化に努めるとともに、社会全体の環境負荷低減に積極的に取り組み、多くの皆さまとともに持続的成長と環境・社会課題の解決の両立を推進してまいります。

【対象物件】

名称 みなと銀行 本店ビル
所在地 神戸市中央区三宮町2丁目1番1号
CO2排出削減量※3(見込み) ▲560t-CO2/年

【みなと銀行 本店ビル】

  • ※1「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」において、使用する電気の全部または一部を、CO2排出計数をゼロとして、CO2排出量(調整後)を算定することができます。
  • ※2杉の木は年間約14kg-CO2/本のCO2を吸収(出典:環境省/林野庁)
  • ※3環境省令和元年度(令和3年1月7日環境省・経済産業省公表)電気事業者別排出係数一覧により算定
PDF版をダウンロードする

他の画像

関連業界

法人サービス業界のニュース

「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・初級」オンライン開催 2021/04/06 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
「ユニヴァーサルデザイン検定(UD検定)・中級」オンライン開催 2021/03/11 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会