発展が続く「南草津」駅前でニューノーマル対応の大規模分譲マンション 「ブランズシティ南草津」を開発

2021/06/11  東急不動産 株式会社 

発展が続く「南草津」駅前でニューノーマル対応の大規模分譲マンション 「ブランズシティ南草津」を開発

2021年06月11日 分譲住宅

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 正志、以下「当社」)は在宅ワークなど新型コロナウイルス流行に影響を受けたニューノーマルな生活(社会全体の新しい仕組みと人々の新しい生活)に対応した都市近郊型の分譲マンション「ブランズシティ南草津」(所在地:滋賀県草津市南草津)を開発することになりましたのでお知らせいたします。

当物件は7月より販売開始予定で、マンションギャラリーは6月12日にオープンいたします。この物件では、テレワーク用の施設を共用部と専有部(セレクトプラン)に設ける、非接触で自宅前まで行けるような住宅設備を用意する、子育て世代も安心して子育てできるよう清掃性が高く安心なキッズルームを設置する、など様々な工夫を取り入れました。

詳細はPDFをご覧ください。

PDFダウンロード(2.0 MB)

関連業界