新型車カローラ クロスを発売

2021/09/14  トヨタ自動車 株式会社 

2021年09月14日

新型車カローラ クロスを発売

ニュースリリース モデル トヨタ カローラ クロス

一括ダウンロード PDF

時代とともに挑戦・進化を重ねてきたカローラシリーズに、これからの時代に求められる機能・性能を凝縮したカローラ初のSUVが誕生

  • カローラは1966年の誕生以来、常にお客様の期待を超える「プラスα」の思想を基に進化を重ね、これまでのグローバル累計販売台数は5,000万台超*1
  • アウトドアにも便利な広い室内空間と、都会的で上質な内外装デザインを採用。レジャーから街乗りまで幅広いシーンで活躍するカローラ クロスならではの高いユーティリティ
  • クラストップレベルの26.2km/L*2の低燃費と、新開発のトーションビーム式リヤサスペンション*3による滑らかで気持ちの良い走りを実現

TOYOTAは、新型車カローラ クロスを9月14日より発売しました。

Z(ハイブリッド車・2WD)<オプション装着車>

カローラは1966年の誕生以来、世界中のお客様のご期待や時代のニーズを超える「プラスα」の思想を基に、常に進化と挑戦を重ねてきました。時代とともに変わりゆくお客様のライフスタイルにお応えできるよう、現在ラインアップしているセダンやワゴン、ハッチバックに加え、これまでもボディスタイルにとらわれない多種多様なモデルが生まれました。現在では、世界150以上の国・地域のお客様にご愛顧いただき、2021年7月にはカローラシリーズで5,000万台のグローバル累計販売台数を達成することができました。

カローラシリーズ

新型車「カローラ クロス」は、歴代カローラが培ってきた「プラスα」の思想と「お客様に寄り添い、進化し続ける」という使命を受け継ぎ、これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生しました。「新空間・新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費を両立しています。

新型車カローラ クロスの詳細は、以下の通りです。

  1. SUVならではの高いユーティリティ

  1. 背の高いボディスタイルを存分に生かした快適性

見晴らしのいい視界の高さを確保するとともに、頭上空間にもゆとりを設けることで、どの席に座っても、街乗りからロングドライブまであらゆるシーンで快適にお過ごしいただける室内空間を実現。前席は、SUVならではの高いアイポイントに加え、細いフロントピラーとスッキリしたインストルメントパネルにより見切りが良く運転のしやすい空間とし、後席は、大きく開くリヤサイドドアで乗り降りがしやすく、加えてリクライニング機能をリヤシートにも設けることで、高い居住性・快適性を備えています。また、解放感抜群のパノラマルーフ*4を設定し、大きなガラス面でどの席からも空が眺められる解放的な視界が広がるほか、電動ロールシェードで日差しのコントロールも自由自在です。

Z(ハイブリッド車 2WD)<オプション装着車>

  1. 多彩な荷室アレンジを実現し使い勝手の良いラゲージ

ラゲージルーム G(ガソリン車)

ラゲージ容量は、5人乗車時でもクラストップレベルの487L*5を実現。また後席を倒すとさらに広いスペースを確保でき、ロードバイクの搭載が可能になります。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、ラゲージ開口部は地面から720mmの高さに設定したことで小柄な方でもラクに荷物の積み下ろしができるほか、ハンズフリーパワーバックドア*6はカギを携帯した状態でリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、両手がふさがっていても簡単にバックドアを開閉することが可能です。また、カローラ クロス専用設計の高機能収納ボックス「ラゲージアクティブボックス」*7を使用すると、荷物を車外から見えない状態で収納することができるほか、ふたを閉じるとラゲージの床面をフラットにして広い荷室空間を活用できるなど、多彩な荷室アレンジが可能になります。

ラゲージルーム G(ガソリン車)

  1. 都会的な上質感と、SUVならではの躍動感を両立したデザイン

  1. 堂々とした逞しさを表現したエクステリア

「アーバン・アクティブ」をデザインコンセプトとして、SUVらしいダイナミックで洗練されたエクステリアデザインを採用。ガラス面やフロント・リヤのランプに伸びやかなデザインを施したアッパー部と、ワイドで安定感のあるバンパー部のデザインのコントラストにより、都会的かつ堂々としたプロポーションとしています。外板色には都会的で洗練された雰囲気を持つ全8色を設定しています。

Z(ハイブリッド車・2WD)

  1. 上質で開放的なインテリア

インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインで室内空間に広がりが感じられるほか、室内照明は全てLEDを採用するなど、カジュアルな雰囲気の中に、上質かつ洗練された質感のインテリアを実現。フロントシートには、スリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシート*8を採用しています。

Z(ハイブリッド車・2WD)

  1. クラストップレベルの低燃費と、アクティブでスムーズな走り

  1. 気持ちの良い、意のままの走りを実現するパワートレーン

ハイブリッド車とガソリン車は、ともにカローラ クロスに最適化した1.8Lエンジンを採用。アクセル操作に対してクルマが素直に反応し、シームレスで気持ちの良い加速感を実現します。ハイブリッド車ではクラストップレベルの26.2km/L*2を達成したほか、E-Fourを設定し、加速時や、雪道など滑りやすい路面での安心した走行を実現しつつ、低燃費にも貢献します。

1.8L 2ZR-FXEエンジン+モーター(ハイブリッド車・2WD)

  1. 優れた操縦安定性をもたらす高剛性ボディとしなやかで快適な乗り心地を実現する足回り

熟成を重ねたGA-Cプラットフォームと、軽量でありながら高い剛性を持つボディ骨格を採用し、車高の高さを感じさせない、軽快で安定した操縦性を備えています。またエンジン音やロードノイズを低減する吸音素材を最適配置したことで、静かで快適な車内空間を実現しました。足回りでは、フロントサスペンションにマクファーソンストラット式を採用。リヤサスペンションは、2WD車に新開発のトーションビーム式を採用し、大型ゴムブッシュと合わせることで、凹凸した道でも路面をしっかりと捉えるしなやかで上質な走りを実現しています。またE-Fourにはこれまでのカローラシリーズで熟成を重ねたダブルウィッシュボーン式を採用し、アーム類の取り付け位置を最適化したことで、安定性と応答性を高次元で両立しています。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2m*9を実現し、狭い道や駐車場などでの取り回しも軽快に行えます。

TNGAプラットフォーム

  1. 先進の安全・安心機能

  1. 最新の予防安全パッケージ

日常のあらゆるシーンでドライバーを支援する最新のToyota Safety Senseを全車標準装備。またパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準装備し、駐車場など狭い場所でも安心して運転いただけます。さらに、障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートを設定*10しています。

  1. 災害時など、万が一の時に役立つ給電機能

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と非常時給電モードをハイブリッド車にオプション設定。停電など非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用可能な非常用電源として活用することができ、もしもの時に頼れる安心機能を備えています。

また、ガソリン車・ハイブリッド車とも、普段の走行時には車内のUSB端子を通じてスマートフォンなどの電子機器を充電することが可能です。

カローラ クロスは、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO」*11でもお求めいただけます。KINTOの場合、若年のお客様に負担になりがちな自動車保険など、クルマにかかる諸経費が月々のお支払いに含まれており、販売店のほか、WEBでのお申込みも可能のため、手軽にお乗りいただくことができます。スタイリッシュなアルミホイールやルーフレールなどの装備を付けたSグレード(ハイブリッド車・2WD)の場合、月額27,390円(税込み)*12からご利用いただけます。

KINTOでのカローラ クロスのご利用についてはこちら

*1 2021年7月現在
*2 コンパクトサイズSUVでの比較。26.2km/Lは、Z(ハイブリッド車・2WD)のWLTCモード燃費。国土交通省審査値。WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
*3 2WD車に採用。E-Four車はダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションを採用
*4 ハイブリッド車・ガソリン車とも、Z・Sグレードにオプション
*5 コンパクトサイズSUVでの比較。2021年9月現在、トヨタ自動車調べ。VDA法による社内測定値。スペアタイヤまたはアクセサリーコンセント装着車、E-Four車は荷室容量が異なります
*6 ハイブリッド車・ガソリン車ともZグレードに標準装備。Sグレードにオプション
*7 トヨタ純正用品。お近くのトヨタ販売店にてお買い求めいただけます
*8 G“X”グレードを除く全車に標準装備
*9 コンパクトサイズSUVでの比較。2021年9月現在、トヨタ自動車調べ。2WD・18インチタイヤ装着時
*10 販売店装着オプション
*11 自動車保険、定期メンテナンス、自動車税、故障修理、登録諸費用・税金、車検費用(5/7年プランの場合)等の諸経費がパッケージ化された月額定額サービス
*12 最安値パッケージ、追加オプション無し。7年プラン・ボーナス月加算110,000円(税込み)の場合。7年間の総支払額は3,840,760円

販売概要

月販基準台数
4,400台

生産工場

高岡工場

メーカー希望小売価格

価格帯 : 1,999,000円~3,199,000円

ガソリン車

(単位 : 円)

グレード エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税込み)
“X” 2ZR-FAE(1.8L) Super CVT-i(自動無段変速機) 2WD(FF) 1,999,000
G 2,240,000
S 2,400,000
Z 2,640,000

ハイブリッド車

グレード エンジン トランスミッション 駆動 価格
(消費税込み)
G リダクション機構付のTHSⅡ(2ZR-FXE 1.8L) 2WD(FF) 2,590,000
E-Four 2,799,000
S 2WD(FF) 2,750,000
E-Four 2,959,000
Z 2WD(FF) ◎2,990,000
E-Four 3,199,000

◎ : 掲載写真(除くオプション)

E-Four
電気式4WDシステム
THSⅡ
TOYOTA Hybrid System Ⅱ
北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない

以上

カローラ クロスの情報はこちら

新型カローラ クロスのデザインスケッチはこちら

歴代カローラ クロスのニュースリリースと画像はこちら

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み
https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

他の画像

関連業界