凸版印刷、空中タッチディスプレイを新方式により大幅改良、視野角が2倍に - 画質も改善した次世代モデルが「東京ミッドタウン八重洲」のエレベーターホールに採用。エントランスからオフィスまでのタッチレス入室を支援。

2021/09/15  凸版印刷 株式会社 

凸版印刷、空中タッチディスプレイを新方式により大幅改良、
視野角が2倍に

画質も改善した次世代モデルが「東京ミッドタウン八重洲」のエレベーターホールに採用。
エントランスからオフィスまでのタッチレス入室を支援。

Tweet

PDF

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、非接触で操作可能なタッチパネルのニーズに応える独自の空中タッチディスプレイを2020年10月に開発し、本格提供開始に向けて有用性の検証を進めています。このたび、視野角の大幅な拡大と空中映像の明瞭度を改善した次世代モデルを開発、2022年8月竣工予定の複合施設「東京ミッドタウン八重洲」に採用され、オフィスフロア各階のエレベーターホールに設置されます。

「東京ミッドタウン八重洲」内オフィスフロアエレベーターホールに設置される空中タッチディスプレイ改良モデル
(撮影協力:三井不動産株式会社、株式会社竹中工務店、画面はイメージです。)
(C) Toppan Inc.

空中タッチディスプレイ改良モデルの特長

? 空中映像視認範囲の200%拡大
前モデル同様に左右方向各15度ずつの視野角は維持したまま、上下方向を30度ずつに倍増させました。これにより、エレベーターホールなど実際の活用シーンでは、身長の高い人から子どもまで幅広い層が快適に空中映像を視認できるようになりました。

空中タッチディスプレイ改良モデルの視野角拡大イメージ
(C) Toppan Inc.

? 解像感、明瞭度の大幅改善
凸版印刷独自の新方式光学設計技術により、空中映像の解像感と明瞭度を大幅に改善しました。これにより、明るい環境での視認性が向上、精細な映像もはっきりと視認でき、利用者がより快適に操作できるようになりました。

空中タッチディスプレイ画質改善イメージ
(C) Toppan Inc.

空中タッチディスプレイ新旧モデル消費電力比較
(C) Toppan Inc.

? 消費電力を50%低減
新方式による光学設計を採用したことで光の利用効率が大幅に改善し、消費電力が従来モデルと比べて約50%に低減しました。また、これにより機器からの発熱量も低減されるため、放熱経路の確保など組み込み時の設計上の制約が緩和され、設備のデザインの自由度が高まります。

採用の背景

「東京ミッドタウン八重洲」では、ポストコロナ時代に安心して出社できるオフィス環境を構築するため、新型コロナウイルス感染症対策として様々な技術の実装が計画されています。顔認証によるオフィス入退館システムや、専有部入口の自動ドア化などにより、オフィスワーカーが接触行為を一切行うことなく、ビルのエントランスから執務室まで入館できる導線を構築しています。
エレベーターの操作については、これまで上下ボタンや行き先階ボタンを指で物理的に押すことが求められていましたが、「東京ミッドタウン八重洲」では、エレベーターのインターフェースとして凸版印刷の空中タッチディスプレイを搭載した操作コンソールがオフィスフロアの全エレベーターホールに設置されます。

東京ミッドタウン八重洲 概要

街区名称: 東京ミッドタウン八重洲
施行者: 八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
所在地: 東京都中央区八重洲二丁目地内 他
実施設計・施工: 株式会社竹中工務店
マスターアーキテクト: Pickard Chilton
スケジュール: 2022年8月竣工(予定)
ホームページ: https://www.yaesu-project-2022.jp

空中タッチディスプレイ概要

液晶パネルタイプ: 7インチ 高輝度高コントラストTFTディスプレイ
表示解像度: 800 x RGB x 480 (WVGA)
外形寸法: 285(W) x 285(H) x 60(D) [mm] ※サンプル機
重量: 約1.9kg ※サンプル機
製品情報サイト: https://www.toppan.co.jp/electronics/ortustech/technology/new_technology/

今後の目標

凸版印刷はウィズコロナ時代を見据え、オフィスビルを始めとする様々な施設や装置における非接触オペレーションのキーデバイスとして、空中タッチディスプレイの本格普及を推進し、2025年までに年間1万台の提供を目指します。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以 上

関連業界