「鹿島統合報告書2021」を公開

2021/09/15  鹿島建設 株式会社 

[2021/09/15]

328KB

「鹿島統合報告書2021」を公開

鹿島(社長:天野裕正)は毎年、国内外の株主・投資家、得意先、社員等、全てのステークホルダーに持続的な成長を志向する鹿島グループへの理解を深めていただくことを目的に、統合報告書を発行しています。本日、「鹿島統合報告書2021」をホームページに公開しましたのでお知らせします。
(鹿島ホームページ https://www.kajima.co.jp/csr/report/index-j.html )
冊子および英語版「Kajima Integrated Report 2021」は、今後発行・公開する予定です。

「鹿島統合報告書2021」では、冒頭に、本年6月に就任した天野社長のメッセージを掲載し、鹿島グループの長期的な成長を目指す経営方針、ならびにデジタル化をはじめとした中核事業を強化するための施策や事業領域拡大に向けたバリューチェーンの拡充、さらには海外事業の展開、人材戦略、カーボンニュートラルへの取組みなどに言及しています。また、今年度からスタートした「中期経営計画(2021~2023)-未来につなぐ投資-」を、過去の中期経営計画の振り返りを含めて掲載しているほか、鹿島グループが長期的に目指す方向性を広く共有するために作成した「ビジョン」、各事業部門の事業戦略、R&D(研究技術開発)やデジタル・DXの取組みを、事例とともに紹介しています。押味至一会長と齋藤聖美社外取締役との対談では、取締役会における議論の内容やこれからの鹿島への期待などについて意見を交わしています。

「鹿島統合報告書2021」へはこちらからも
画像をクリックするとジャンプします。

主な内容は以下のとおりです。

■ 社長メッセージ

■ 価値創造プロセス

■ ビジネスモデル

■ ビジョン

■ 過去の中期経営計画の振り返り

■ 中期経営計画(2021~2023)

■ 財務本部長メッセージ

■ 各事業部門の事業戦略

■ R&D(研究技術開発)

■ デジタル

■ 人材

■ 環境

■ 人権・サプライチェーン、安全を実現する取組み

■ 会長・社外取締役対談

プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連業界