ポッキーのグローバル統一キャンペーン「Pocky day Say Pocky Campaign」を開始

2018/11/07  江崎グリコ 株式会社 

~笑顔研究の第一人者が太鼓判! 写真撮影の掛け声は「ハイ Pocky!」がオススメ~

 江崎グリコ株式会社は、グローバル統一キャンペーンである「Pocky day Say Pocky Campaign」を、10月20日から開始致しました。11月11日をPocky dayとして、2016年よりグローバル統一キャンペーンを実施。今年は昨年と比べて対象国が更に増え、タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・中国・台湾・アメリカ・日本の計9つの国と地域でキャンペーンを実施致しております。  キャンペーンサイトでは、「Pocky!」と言うと静止画写真が取れ、ポッキーに特別なデコレーションを付けられるコンテンツをお楽しみ頂けます!




あなたの顔があの“グリコサイン”に投影されるかも?
サイトであなただけのオリジナルの写真を撮ると、11月10日と11月11日の二日間、大阪・道頓堀の
グリコサインに表示されるチャンス!日本だけでなく対象国の中で中国・マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン・台湾など海外でもデジタル看板に表示される機会を用意しています!
更にPocky dayの強化を図るべく、今年は中国のアリババともコラボレーションし、11月10日と11月11日にグリコサインを見に行くと、「Pocky!」と言っているアリババのキャラクターが登場するかも!?

〈日本〉

〈中国〉

〈マレーシア〉

〈タイ〉

 
 また、10月20日にリニューアルされたポッキーのグローバルサイトでは、「Pocky!」と言った音声をAIが解析し、その感情に沿ったあなただけのオリジナル音楽プレイリストをオススメしてくれるコンテンツも同時に公開致しました。
 このキャンペーンに伴い、笑顔研究の第一人者である菅原徹さん監修のもと、大学生約200名に「Pocky!」の掛け声がどれだけの笑顔を引き出せるのかアンケートを実施致しました。
すると、「Pocky!」は“黄金比率の笑顔”を引き出す魔法の言葉であるという結果が出ました。
「Pocky!」の掛け声から生まれる笑顔を通して、ポッキーのブランドメッセージである“Share happiness!”を
世界中に広げていきます。

「Pocky day Say Pocky Campaign」概要
■ キャンペーン概要
名 称:Pocky day Say Pocky Campaign
期 間:2018年10月20日~2018年11月30日・
  内 容:以下詳細
キャンペーンURL:http://pocky.glico.com/pocky2018/jp/ (日本)

CONTENT 1 「Pocky!」で笑顔を撮るキャンペーン
 「Pocky!」の掛け声でそのまま写真が撮れるコンテンツ。ポッキーを持って写真を撮ると、ポッキーとポッキーの間にデコレーションをかけることができるので、あなただけのオリジナルの写真を残すことができます。 さらに、キャンペーンに参加していただいた参加者の中から抽選で選ばれた写真を世界各国の
屋外広告に掲載!皆さんの笑顔が世界中にシェアされます。
日本では、 大阪・道頓堀のグリコサインに11月10日と11月11日の日没後に表示されます。
あなたの顔がグリコサインに投影されるかも?




CONTENT 2 「Pocky!」で感情に合わせて音楽リストを作成
 「Pocky!」と言うと音声をAIに解析させ感情を推定、その感情に合わせた音楽をチョイス。
あなただけのオリジナル音楽プレイリストが表示されます。生成された音楽プレイリストは音楽ストリーミングサービス Spotify(中国はKugou)にて音楽を聴くことが可能です。




Pocky dayとは
 Pocky dayはポッキーを分かち合う幸せを世界中に広めるために、2016年から世界でスタートしました。そして、ポッキーの形状が数字の1と似ていることから、 11月11日を Pocky dayに定めました。
この日がきっかけで、世界中の人々が、大切な人との時間を楽しんだり、幸せな時間を過ごしたりしていただけるようにと願っています。

大学生約200名に、実験をしていただきました!
 本当に「Pocky!」の掛け声が黄金比率の笑顔を引き出せるのか、実際に笑顔を研究している学生約200名にご協力いただき、アンケートと実験を行いました。アンケートと実験は、比較の為「ポッキー」の他に、世界各国の写真を撮る際の掛け声である「チーズ(米国)」「キムチ(韓国)」「テキーラ(メキシコ)」「スパゲティ(ドイツ)」「ウィスキー(アフリカ)」「チェズ(茄子:中国)」の7つの言葉で実施。まずアンケートでは、どの掛け声が一番笑顔になるのか、主観評価でそれぞれ100点満点で点数をつけて頂きました。
 結果は「ポッキー」の平均点が77点とそのほかの言葉が60点台の中、ダントツで「笑顔になりやすい」という結果が。多くの学生が「ポッという破裂音があることで楽しい気持ちになれて自然な笑顔を作りやすかった」「最後がイの口の形で終わるので笑顔になりやすかった」という感想を回答していました。


※アンケートに際して、グリコ社の実験であるということは伝えずに回答頂いています。


 さらに、笑顔研究家の菅原教授の監修のもと、実際に掛け声と共に笑顔を作っていただき、フェイスリーダーを使った実験も実施。「ポッキー」が一番、理想的な笑顔の基準となる”ディシェンヌ・スマイル”が作りやすいという結果となりました。



■デュシェンヌ・スマイルとは?
 一般的に「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれる理想的な笑顔は、口や目の周りの筋肉活動が高く、目が笑っている、”心から出る笑顔”と表現されています。これとは対照的に、不自然な笑顔や社交辞令的ほほ笑みはノンデュシェンヌ・スマイルと総称されます。
この「デュシェンヌ・スマイル」を自分の意志で作ることができる割合はなんと、たったの23%と言われています。あなたも「Pocky!」の掛け声で写真を撮って、素敵な笑顔を広めよう!

笑顔研究の第一人者 菅原徹さんも絶賛!
「ポッキーは“黄金比率の笑顔”を引き出す魔法の言葉です

 実は、記憶に残るような好印象の笑顔を引き出す為には、筋肉の準備体操が必要となります。
笑顔を作る直前に眠っていた表情筋をストレッチさせることで、本物の笑顔と言われる「デュシェンヌ・スマイル」をスムーズに作ることができるのです。
「ポッキー」の掛け声は、「ポッ」で目を開いて頬の筋肉を伸ばす驚きの表情が形成され、笑顔に近い「キー」の表情を無理なく可能としてくれます。頬の筋肉の準備運動が十分になされることで口角が上がり、魅力的な「黄金比率の笑顔」が表出します。写真を撮られるときに「ポッキー」と発声することは、すぐに実践できる笑顔撮影のテクニックだと言えるでしょう。

■菅原徹さんプロフィール
福岡県太宰府市生まれ。現在,早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員,東洋大学総合情報学部非常勤講師,工業技術研究所客員研究員,東京都立産業技術研究センターエンジニアリングアドバイザー,スマイルサイエンス学会(SSS)代表理事。「感性形成を目指した笑顔の仕組みと創出に関する研究」に従事し,同研究で学会賞を多数受賞。


他の画像

関連業界