釣って美味しい!見て楽しい!“みっぴ”こと秋丸美帆も“ドーム桟橋"でのワカサギ釣りに大満足!

2018/11/07  テレビ大阪 株式会社 

11月10日(土) 午後5:30~「THEフィッシング」 テレビ東京系全国6局ネットで放送

最新の釣り方や旬の釣りをいち早く紹介!アングラーの挑戦と自然の素晴らしさをご堪能ください。 視聴率プレゼントも!詳しくは番組HPまで。


関東、東北、北海道では秋冬のメジャーなターゲット、ワカサギ。
ワカサギ釣りといえば氷上に穴をあけ、その穴から糸を入れ釣りあげる「氷上釣り」をイメージする人も多いことから、関西ではまだ一部のアングラーだけが楽しむ密かなターゲットとなっているが、ファミリーやカップルでも楽しめる、「手軽な釣り」の一面も持ち合わせている。
ドーム桟橋


今回の舞台は兵庫県篠山市にある佐仲ダム。
山中に作られた農業用ダムで管理釣り場でもある佐仲ダムの、ビニール小屋を桟橋に建てこんだ「ドーム桟橋」からワカサギを狙う。


アングラーは、30年以上ワカサギを狙い続け、ワカサギ用のタックル監修まで手掛ける名人、千島克也。
そして1年の内10か月間ワカサギを追い、全国22か所の湖をまわる、根岸篤。
ベテラン2人と、約7年ぶりにワカサギを釣るという秋丸美帆。

千島克也、秋丸美帆

千島のスタイルは積極的にエサを動かし釣り上げる、いわば攻めの釣法。根岸はロッドから手を放し、専用の台に置く、置き釣りを得意とする。
"チョン”とした小さなあたりを逃さない千島、ファーストヒット!置き釣りの根岸も追いかける。


秋丸はアタリがなかったが、餌を小さくカットし再び水中に入れるとワカサギが見事食いついた!
秋丸美帆
エダスになんと5尾!さらに珍客、フィッシュイーターとのバトル!
ワカサギの天ぷらに舌鼓を打ち、ワカサギの「早がけ対決」も!
千島克也、秋丸美帆、根岸篤
初心者からベテランまで楽しめるワカサギ釣りの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに。

他の画像

関連業界