神戸市・兵庫県による「イノベーション拠点立地促進補助制度」にコワーキングスペース『WAY OUT』を新たに認定

2018/11/07  神戸市  

神戸経済の持続的な成長を目指しITを活用したスタートアップ(成長型起業家)の育成支援を行っている神戸市では、スタートアップの集積・定着及びイノベーション拠点施設の整備を促進するため、平成30年6月より兵庫県と連携して、賃借料や整備費などを助成する補助制度「イノベーション拠点立地促進補助制度」を設けています。 このたび、申請に基づき審査を行った結果、平成30年10月22日付で、新たに以下の通りone knot trades株式会社が市内で運営するコワーキングスペース「WAY OUT」を認定しましたのでお知らせします。


1.イノベーション拠点概要
<拠点名称>
WAY OUT(ウェイ・アウト)
<住所>
神戸市中央区磯辺通2-2-10 ワンノットトレーズビル2F
<事業概要>
次時代を担う起業家輩出のために不可欠な、『インキュベーション機能を実装したコミュニティ』作りのためのコワーキングスペース運営
<機能概要>
起業講座やワークショップ、メンタリングの実施
イベント/ワークショップ等
<施設概要>
コワーキングスペース83席、バーチャルオフィス 7室
<公式サイト>
https://wayout.bz/
コワーキングスペース
バーチャルオフィス
2.運営事業者
ž<会社名>
one knot trades株式会社
<代表>
代表取締役 青山 和裕
<住所>
神戸市中央区磯辺通2-2-10ワンノットトレーズビル2F

3.助成内容(施設整備費の1/2を上限 550万円助成)
<施設整備費>
約3,200万円
<補助金>
550万円(県市1/2)

神戸市は今後も、スタートアップの育成やスタートアップを核とするコミュニティ形成を進め、イノベーションを起こしうる拠点の設置を促進していきます。

他の画像

関連業界