【東京ステーションホテル】「SLH Awards 2018」日本のホテルとして初受賞!

2018/12/04  日本ホテル 株式会社 

‟最優秀グルメホテル賞“を受賞

東京駅丸の内駅舎の中に位置する東京ステーションホテル(所在地:東京都千代田1-9‐1)は、当ホテルが加盟しているホテルブランドグループのスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)が発表した「SLH Awards 2018」において、‟最優秀グルメホテル賞“を受賞いたしました。日本国内の加盟ホテル(現在13ホテル)によるSLH Awardsの受賞は初となります。


SLH Award 2018
SLH Awards* はSLHに加盟している80カ国500以上のホテルのなかから、SLHの会員顧客や海外の旅行代理店などの投票により各部門に最もふさわしいホテルを発表しています。年間最優秀ホテルだけでなく、最優秀デザインホテル賞、最も個性溢れるホテル賞、最優秀ホテルマン賞、最優秀インスタ映えホテルなど、ホテルの個性を重視するSLHならではの部門が17あり、世界中の加盟ホテルのなかから各部門で高い評価を得たホテルが12月3日に表彰されました。

東京ステーションホテルは、フレンチの技法をベースに日本の旬の食材をふんだんに用いた独創的な料理を提供しているレストラン「ブラン ルージュ」をはじめ、寿司、日本料理、中国料理、イタリアン、鶏料理、和菓子、2つのバーなどバラエティに富んだ10のレストラン&バーを備えていることから高い評価を受け、このたびの受賞となりました。

ホテルサイトのレストランページ: https://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/
レストラン「ブラン ルージュ」の内観
「ブラン ルージュ」料理イメージ
東京ステーションホテルは今後も、国内外のあらゆるお客様がここならではのグルメ体験を楽しむことができるよう、季節感を取り入れたユニークなメニューを提供してまいります。

*SLH Awards(SLHアワード)は2015年から始まった賞で、今年で3回目の実施(2016年は未実施)。


スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド / Small Luxury Hotels of the World

独立系で小規模、かつ、ユニークといったオンリーワンの高級ホテルのみで構成されたホテルブランドグループで、現在80カ国以上、500以上のホテルが加盟。
毎年千を超える加盟申込みのなか迎えられるホテル数は5%ほどで、その独自で厳格な加盟基準と定期的な覆面調査等でブランドを維持し、世界中の顧客から高い信頼を得ている。現時点で国内加盟ホテルは13ホテル。東京ステーションホテルはホテル開業100周年記念の2015年に、東京にあるホテルとして初加盟をし、現在に至る。

SLH公式HP:https://www.slh.com/ 
SLH Awards 2018: https://www.slh.com/articles/slh-award-winners-2018/
*いずれも英語
SLH logo



東京ステーションホテル / The Tokyo Station Hotel

1915年、東京駅の中に客室数56室、宴会場を備えたヨーロッパスタイルのホテルとして開業。壮麗な建築と当時最先端の設備で、国内外の多くの賓客を迎える。東京駅丸の内駅舎の保存・復原事業に伴い2006年に休館。約6年半の時を経て全施設を改装し、2012年10月3日に再び開業。
ヨーロピアンクラシックを基調とした150の客室、10のレストラン&バー、フィットネス&スパ、宴会場など、都市型ホテルとしての機能を備え、「色褪せることのない記憶」をコンセプトにお客様の心に寄り添い“共感するおもてなし”を目指す。東京で現存するホテルとしては2番目に歴史があり、国指定重要文化財の中にすべてが位置するホテルとして国内唯一。
また、発着列車本数日本一の東京駅舎に位置し、首都圏はもちろん国内各地への移動にも便利で他に類を見ない理想的なロケーションを誇る。

ホテル公式HP:https://www.tokyostationhotel.jp (日本語)
https://www.thetokyostationhotel.jp (英語)
東京ステーションホテル

他の画像

関連業界