<受験の緊張に関する意識調査>受験・試験の緊張で悩んだことがある人は84%!!2人に1人が受験・試験の緊張で眠れなかったと回答

2018/12/06  全薬工業 株式会社 


緊張・イライラ・不安などの神経症状に効く医薬品「アロパノールシリーズ※」を製造・販売している全薬工業株式会社は、入試本番を目前に控えた受験生を応援すべく、全国の受験経験者719名を対象に受験の緊張に関する調査を実施いたしました。

今回の調査の結果、「受験の緊張で悩んだことがある」と答えた人の割合は84%でした。
さらに本リリースでは、緊張が及ぼす体への負担や対処法についても解説いたします。


※アロパノール とは緊張・イライラ・不安に効く漢方処方「抑肝散(よくかんさん)」の医薬品です。


<緊張に関する調査概要>
・調査主体 :全薬工業
・調査期間 :2018年11月16日(金)~2018年11月17日(土)
・分析対象 :全国の10代~30代の男女(年代で均等割付)
・調査方法 :インターネット調査
・有効回答数 :719人


受験・試験の時、緊張で悩んだことがありますかという質問に対し、57.6%が「悩んだ」、26.7%が「やや悩んだ」という結果に。多くの人が『緊張』という悩みを抱えていたことが浮き彫りになりました。


受験・試験の時に緊張で眠れなかったことはありますかという質問に対し、55.8%が「眠れなかった」と回答。およそ2人に1人が眠れないという結果に。


Q.2の眠れなかったと回答した人に対し、『不眠』が原因で勉強がはかどらなかった経験はありますかという質問を行ったところ、43.4%が「当てはまる」、34.9%が「やや当てはまる」、合計78%の人がはかどらなかったと回答。不眠が勉強に悪影響を及ぼすことが分かった。


不眠の悪影響第1位は「集中力が続かない」、第2位は「勉強が頭に入ってこない」、第3位は「本番で眠たくなる」など様々な影響を及ぼすことが明らかになりました。


受験・試験による緊張症状を和らげる方法を知りたいですかという質問に対し、54%が「知りたい」、33.8%が「やや知りたい」、合計88%の人が知りたいと回答。今まで知る機会がなかったという人がほとんどのようでした。



受験、試験期に「眠れない」 、「気分が悪い」、といった症状は、神経症・不眠症からくる緊張・イライラ・不安が原因だったのかもしれません。
アロパノールは漢方処方「抑肝散」の医薬品。 7種類の生薬が神経のたかぶりを鎮め、緊張・イライラ・不安などの神経症状によく効きます。アロパノールシリーズは、緊張・イライラ・不安に悩む方をこれからもサポートし続けます。

受験・試験、緊張するあなたへ。
特設ページ公開中:https://www.zenyaku.co.jp/aropanol/juken.html
Web限定動画 アロパノール「受験」篇:https://youtu.be/Ha94BqIZjtA


〈全薬工業株式会社について〉

商号: 全薬工業株式会社
本社: 東京都文京区大塚5丁目6番-15
代表: 代表取締役社長 橋本弘一
創業: 1950年7月19日
事業内容:医薬品、医薬部外品、基礎化粧品、健康食品などの製造、販売
HP:https://www.zenyaku.co.jp/

他の画像

関連業界