株式会社ALIVAL、M&Aが低コストかつスピーディに成約できるオンラインマッチングシステム『M&Aナビ』の正式版をリリース

2018/12/07  株式会社 ALIVAL 

会社を売買したい当事者が、経験豊富なアドバイザーのサポートを受けながら自らM&A交渉を進めることができる「M&Aナビ」。M&A仲介業界の手数料水準と比べ圧倒的に低コストで成約が可能となります。

株式会社ALIVAL(本社:東京都港区、代表取締役:西村 将明・小池 敏弘)は、従来と比べて圧倒的に低コスト、かつ早期に成約させることができるM&Aオンラインマッチングシステム「M&Aナビ」の正式版をリリースいたしました。誰もがM&Aを経営戦略の一つとして有効活用できる社会を構築するための画期的なサービスとなります。


近年、M&Aは急速に広がりを見せております。特に中小企業のM&Aはめざましい数で増えており、多くのオーナー経営者が「自社の規模でもM&Aによって売却することができる」と感じ始めたことは大きな変化です。
一方で、M&Aの準備や交渉においては専門知識や複雑な手続きが必要となるため、売買当事者自身が交渉を始めても、成約に至らないことが多く、第三者の支援を受けることは重要です。
しかしながら、M&A仲介会社は数多く存在しますが、多くの中小企業にとって着手金や成功報酬などのコスト負担が重く、手軽に依頼することができませんでした。

そこで当社は、企業規模や業態に関わらず誰でも低コストで安心して交渉ができるM&Aオンラインマッチングシステム「M&Aナビ」https://ma-navigator.com)を開発し、本日正式版のリリースを行いました。
6月にβ版を公開してから早くも約1,000社の登録をいただいており、既に複数の成約実績を上げています。

M&Aナビ


■M&Aナビの特徴

経験豊富なアドバイザーによる完全サポート

M&Aのプロセスは以下のとおり、大きく3つに分かれています。そしてM&Aナビでは、アドバイザリー業務の経験豊富なスタッフが電話やチャットなどでしっかりサポートすることで、売買したい方が困ることなく交渉ができるようになっています。

(1)案件化
売主側の企業情報を買主側が理解しやすいように整理したり資料化したりすることで、相手探しの準備を行うこと。「会社という商品のパンフレットを作成する」ようなイメージ。

(2)候補先探し
売買双方のニーズに合う相手を探して、本格的な交渉に進むための情報提供を買主側に行うこと。

(3)面談~成約
売買双方の経営者同士が面談を行なって、資料だけでは伝わらない会社の特徴や現状などを共有すること。その後、最終的な売買契約に向けた書類の準備や買収監査などの業務が発生する。

完全成功報酬かつ圧倒的な低料金

M&Aを行うにあたって発生する主な費用として、案件化を始める際にかかる「着手金」、交渉条件に概ね合意した際にかかる「中間報酬」、売買契約が完了した際にかかる「成約手数料」があります。


サービスや会社によって発生の有無や金額は異なりますが、主に人(アドバイザー)が関わって交渉を進めるケースにおいては最低でも総額2,000万円程度の費用がかかることが多いです。一方で、ネットで候補先をマッチングするサービスにおいては、そのサービスの利用料自体は無料の場合もありますが、当事者自身で成約までの作業をこなすことは難しく、結局自らアドバイザーを探して、費用を支払って支援を仰ぐことも少なくありません。
M&Aナビにおいては、「最低利用料200万円」と従来の10分の1程度に抑えながらも、M&A仲介業務を数多く行なってきたアドバイザーがしっかりとサポートいたします。

M&Aナビの特徴


■株式会社ALIVALについて
どんな企業でも安心してM&Aという選択肢を持てる世の中にすべく2017年9月に創業。大手M&A専門会社出身のメンバーやエンジニアを中心に構成されており、100件を超えるM&Aに関わってきています。既存の習慣やプロセスをITシステムの力で効率化して、低コストながらも大手仲介会社と遜色ないアドバイザリーサービスを提供しています。


■株式会社ALIVAL 会社概要
会社名  :株式会社ALIVAL(アライバル)
所在地  :〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目4番14号 青山タワープレイス8階
設立   : 2017年9月
資本金  :36,470,000円(資本準備金含む)
代表取締役: 西村 将明、小池 敏弘
事業内容 : オンラインM&Aマッチングシステム「M&Aナビ」の開発・運営/M&Aアドバイザリー業務
サービス : M&Aナビ:https://ma-navigator.com

他の画像

関連業界