"号泣する猫マンガ"完結! WEBで「泣ける」と大絶賛『ゴジュッセンチの一生』第3巻 6月14日(金)発売

2019/06/14  株式会社 KADOKAWA 

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、6月14日(金)に『ゴジュッセンチの一生』(白川蟻ん 著/it COMICS)第3巻を発売いたします。




 
 本作は、漫画家・白川蟻ん氏が「飼い猫とノラ猫、どちらの方が幸せなんだろう?」をテーマに挑んだ本格猫ストーリー漫画です。街中で見かけるのんびりとしたノラ猫の姿は、ほんの一面。ほとんどのノラ猫は、怪我や事故、飢餓等によって仔猫のうちに命を落としてしまいます。そんなノラ猫達の一生を「中途半端ではなくきちんと伝えたい」という白川氏の思いはとても強く、時には目を瞑りたくなるようなシーンも描かれていますが、どうか目を背けずに読んでいただきたいです。

 さらに、本作は猫目線だけではなく、人間目線の物語も描かれています。夫を事故で亡くしてしまった成田淑乃は、事故の原因となった「猫」を憎んでいましたが、ノラ猫の七生と出会うことで少しずつ心を開いていきます。言葉が通じないからこその駆け引きも嘘もないストレートなぶつかり合いが描かれ、涙なしには読めません。


 この度発売された第3巻で物語は完結、先行してWEB上で公開された最終話には多くの反響が寄せられました。猫好きな人もそうでない人も「人生において大切なひとつ」に気付くことができる本作、ぜひご注目ください。


■あらすじ

↑ノラ猫たちの集会。 人間が作った「食卓」の情報を交換し合っています。
↑時には人間に媚びを売ることも…。
↑「号泣した」とWEB上で話題となったシーン。

「5年生きてたら、かなりのラッキー。それがオレ達ノラ猫の一生なんだ。」
街の片隅で暮らしている、ノラ猫の七生とマチ。
彼らは人間たちが作った「食卓」で食事をとり、死と隣り合わせのなか必死に生きていた。
そんなある日彼らは、「猫を可愛いと思ったことなんて、一度もない」という人間、成田淑乃と出会う――。
 人と猫の絆をやさしく見つめた感動ストーリー。


▼第1巻 購入リンク
https://www.amazon.co.jp/gp/product/404912002X?ie=UTF8&tag=kadoofce-22

▼試し読み
https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/4/viewer.html?cid=97915d88-62b7-4995-a2b6-995a6685972a&cty=1


■コミックス『ゴジュッセンチの一生』第3巻 概要
発売日:2019年6月14日(金)
定価:本体680円+税
著者:白川蟻ん
レーベル:it COMICS
発行:株式会社KADOKAWA
作品紹介ページhttps://www.kadokawa.co.jp/product/321902001072/


■1~2巻も好評発売中!!




各定価:本体650円+税
著者:白川蟻ん
レーベル:it COMICS
発行:株式会社KADOKAWA
作品紹介ページ
(1巻)https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000702/
(2巻)https://www.kadokawa.co.jp/product/321808000751/


■著者プロフィール
白川蟻ん(シラカワ ギン)
漫画家。代表作『ゴジュッセンチの一生』『かわれて候。』
白川蟻んTwitter:@gin006

他の画像

関連業界