リンク先との文言一致だけで問い合わせ数が平均1.3倍!「B2Bサイトのフォーム通過率を高める方法」を調査。ユーザー視点の重要性が定量的に浮き彫りに。

2019/06/14  株式会社 WACUL 


“データ×AI×SaaS”で中小企業でもデータドリブンなWebマーケティングを可能にする株式会社WACUL(読み:ワカル)の社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」は、B2BサイトのフォームにおけるベストなUI/UXに関する調査の結果を発表しました。

■本研究レポートの概要

株式会社WACULは、デジタルマーケティングの勝ちパターンをデータドリブンで自動提案する「AIアナリスト」に登録されている2万8千サイトのデータを活用し、B2B分野のSaaSを取り扱う企業の申し込みフォームについて「フォーム通過率を高めるために取り組むべきこと」を提言としてまとめています。

主な研究結果は以下の通りです。



調査対象フォームの通過率は最大値34.40%、平均値20.37%であった
フォーム遷移ボタンとフォームタイトルの文言を一致させると通過率は約1.3倍になる
フォーム入力項目数と通過率には強い負の相関があり、1項目減らすと通過率は約2%pt向上する
フォームの入力を必須としても任意としても通過率は変わらない(使い分けに意味はない)
リードの質を見極めるための追加情報はフォーム完了後に取得すべき



研究結果について、「今回明らかになったフォーム通過率改善のベストプラクティスを、小手先のテクニックと捉えるのは勿体ない。自社のマーケティングコミュニケーションをユーザー視点に変えていく。そのための第一歩として、本調査結果が活用できるだろう」と株式会社才流 代表取締役社長 栗原氏はコメントしています。





レポートの詳細はWACUL Lab.のウェブサイトをご覧ください。


https://wacul.co.jp/lab/b2b-form-best-practice/

(定量調査の結果の例;レポートより抜粋)
B2Bのフォーム前後の文言一致でCVRは1.3倍に(研究レポートより抜粋)






また、メディア各社様で本レポートの転載等についてもご相談をお受けしております。メディア関係者様向けのご連絡窓口までご連絡ください。


■コンサルティングおよびPoCのご依頼について

データドリブンなマーケティングに関するコンサルティングやPoCのご依頼は、WACUL Lab.のウェブサイトのお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

「AIアナリスト」は、2019年4月末時点で28,000サイトに導入されており、そのビッグデータから生まれる集合知をもとにしたマーケティング施策の提案が可能です。
https://wacul.co.jp/lab/contact/

■ 株式会社WACULについて

<会社概要>
会社名 : 株式会社WACUL(読み:ワカル)
URL : https://wacul.co.jp/
所在地 : 東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表取締役: 代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容 : AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売
WACULの強み


<主要サービス>
・デジタルマーケティング自動分析・提案SaaS「AIアナリスト」
株式会社WACULが提供する、AIによるWebサイト分析ツール。Googleアナリティクスを連携するだけで、AIがWebサイトのデータを集計し、改善提案を行う。

申込サイト(無料)はこちら
https://wacul-ai.com/

・CV起点のコンテンツSEO制作支援「AIアナリスト SEO」
AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作する。

サービスご紹介・資料請求はこちら
https://writer.wacul-ai.com/
B2Bサイトのフォームにおけるベストプラクティス調査を行ったWACULテクノロジー&マーケティングラ

他の画像

関連業界