M&A・事業承継専用AIシステムを展開するVANDDD株式会社、一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)と業務提携

2019/07/12  VANDDD 株式会社 

この提携により、JMAAと連携したシステム導入、システム内へのM&A教育ツール導入、実務的なアドバイザーの教育・支援を行い、1人でも多くのアドバイザーを輩出し、日本の事業承継問題を解決へと導きます

M&Aや事業承継の株式価値算定に特化した人工知能エンジンを開発、運営するVANDDD株式会社(読み:バンド)https://vanddd.com/(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿部 諒馬)は、自社サービスである[M&Aディールメーカー]を、M&Aを行う事業社会員数で約150社を超える企業が所属する一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(https://www.jma-a.org/(本社:東京都台東区、代表理事 大原 達朗))を通して販売を行う代理店契約を含めた包括提携を締結致します




■提携の目的
現在、日本の最も大きな課題の1つである事業承継問題(10年以内に127万社の廃業)は、
「日本にM&Aを行えるアドバイザーの少なさ][M&A成約までの時間(平均:1件あたり半年~1年)]など、専門家の少なさ(M&A業務の難解)と成約時間が大きな問題の1つとなっています。
今回の提携により、M&A作業を自動化・効率化するサービスであるVANDDD社の人工知能エンジン【M&Aディールメーカー】を周知し、日本M&Aアドバイザー協会による専門家の育成・教育を行うことで、極めて参入難易度の高いM&A市場へ事業者の流入を促し、日本の事業承継問題の解決を目指します。

■提携内容
今後加速する事業承継・M&A市場に参入する税理士・コンサル業者・事業者に向け、日本M&Aアドバイザー協会と連携してシステムの導入やシステム内にM&A教育ツールの導入、実務的なアドバイザーの教育・支援を行い、1人でも多くのM&Aアドバイザーを輩出し、日本の事業承継問題を解決へと導きます。

■「M&Aディールメーカー」について
「M&Aディールメーカー」とは、Excelや通常の営業管理システムでは対応できない、M&A取引業務に最適化したオールインワンシステムです。売り手や買い手企業のホームページURLのみで、弊社独自の人工知能がサイト内のテキストを解析し、M&A候補先を予測します。また、M&Aの案件管理だけでなく、その他の専門的な「株式価値算定」や「企業概要書作成」などもできるようになります。


■会社概要
[社名] VANDDD株式会社(読み:バンド)
[会社HP] https://vanddd.com/
[M&AディールメーカーURL] https://ma-maker.com/
[所在地] 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-13-9 オフィスパークインビル3F
[設立] 2018年 3月
[資本金]8,045万円
[代表者] 阿部 諒馬
[事業内容]
・M&Aディールメーカー事業
・人工知能を用いた株式価値算定事業


[社名] 日本M&Aアドバイザー協会
[会社HP] https://www.jma-a.org/
[所在地]〒110-0016 東京都台東区台東1−30−3 YOKビル4階
[設立] 2010年 8月
[代表者] 大原 達朗
[発行資格]日本M&Aアドバイザー協会 認定M&Aアドバイザー
[事業内容]
・M&Aや経営に関連する知識の啓蒙と普及
・M&Aや経営に関連する調査、研究及び情報の提供
・M&Aや経営に関連する書籍の発行
・国内外のM&A関係機関との交流
・M&Aや経営に関連する教育講座及び資格認定試験の実施

他の画像

関連業界