HELLY HANSENとACTUSがコラボレーション商品を発売

2019/07/12  株式会社 ゴールドウイン 

HELLY HANSENとACTUSが北欧のライフスタイルを表現日常とアウトドアの境界線を越えるコラボレーション商品を発売

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)が展開する「HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)」と株式会社アクタス(本社:東京都新宿区/社長:休山昭)は、日常生活でもアウトドアシーンでも共通して使用できるウェアやグッズ(家具、テーブルウェアなど)のコラボレーション商品を開発、2020年3月から全国のHELLY HANSEN及びACTUS(アクタス)の直営店舗(※一部除く)で販売を開始します。 この取り組みは、上質なヨーロッパのモダンインテリアを提供してきたACTUSと、多くの人々に自然と共にある生活を提案してきたHELLY HANSENの両社が、ライフスタイルを「インテリアとエクステリア」、「インドアとアウトドア」という空間領域で区別していること自体が時代に合わなくなっていると感じていたことから実現に至りました。 共にルーツを北欧に持つ企業同士、「自然と調和し、どう気持ちよく生きていくか」という想いを追求し、心地いいライフスタイルを提案するための商品展開をしていきます。





今回のコラボレーションによって誕生した、”LandNorm(ランドノーム)“は、ノルウェー語で「Land=場所/Norm=基準」を組み合わせた造語で、 “価値観の中心に「遊び」を置いた暮らしの外と内を繋ぐ新たなスタンダード”を届けるコレクションです。
バスケットを例に挙げると、日常生活では蓋付き収納ボックスとして機能的に使える商品である一方、アウトドアシーンでは軽量で柔らかな素材で持ち運びに便利であり、さらに水を入れることも可能なため、そのままクーラーボックスとして使用できます。
このように自宅でも使えて、そのまま外に持ち出しても使えるようなシンプルで機能的、そして汎用性の高いウェアやグッズなどを開発すること、またこれらの商品に関する共同企画のイベントを開催することで、オリジナリティとリアリティのあるシーンを提案し、日常とアウトドアの境界線を越え自然と調和した文化の創造をしていきます。

■展開商品イメージ
ウエアはHELLY HANSEN、家具やテーブルウェアなどはACTUSが製造元となり、商品企画や販売については両社共同で行います。

ウエア
風合いが良く涼感のある素材を使用し、自宅ではリラックスできるガウンとして、外では多少の雨でも羽織れるコートとして使用できるアイテムを予定しています。



テーブルウェア
スプーン・フォーク、マグカップなど自宅でも外でも使用できるスマートなデザインであり、落としても割れにくい、火にかけられるなど、機能的なカトラリーシリーズを予定しています。


ACTUS
ACTUSは、ヨーロッパのモダンインテリアを中心に国内における輸入家具の草分けとして
1969年東京・青山に創業いたしました。現在、オリジナルからインポートブランドまで、
永く大切に使い続けることのできるシンプルで温かみのある家具をメインに、暮らしを彩る小物雑貨やグリーン、
着心地のよいアパレル、ボディケア、フードに至るまで、衣食住幅広い商品を独自の視点で編集するライフスタイルショップとして、「丁寧な暮らし」を皆様にご提供しています。
【参考】ACTUS WEBサイト https://www.actus-interior.com/

HELLY HANSEN
1877年にノルウェーの港町モスで、商船艦長を務めていたヘリー・ジュエル・ハンセンが防水着メーカーとして創業。現在は、マリンウエア、マウンテンウエア、ワークウエアなど、海から山までのさまざまなアクティビティ及びライフスタイルを快適かつ機能的にサポートする製品を提供しています。
株式会社ゴールドウインは、1983年より日本での展開を開始。2017年には日本における商標権を取得し、Helly Hansen AS(ノルウェー)と、戦略的パートナーシップを組み、ブランドビジネスを展開しています。
【参考】HELLY HANSEN WEBサイト https://www.goldwin.co.jp/hellyhansen/

他の画像

関連業界