翻訳・地図アプリ一体型次世代スマートWi-Fiルーター「スマファイ MS01」自社ブランド「JETFI」でのレンタル及び各事業者向けに提供開始

2019/08/09  株式会社 MAYA SYSTEM 

株式会社MAYA SYSTEM(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 千鶴)は、薄さ8.5mm、重さ162g(※1)を実現した、クラウドSIMテクノロジー搭載の翻訳・地図アプリ一体型次世代スマートWi-Fiルーター「スマファイ MS01」を、2019年8月9日(金)よりWi-Fi事業者に提供開始します。また、当社の提供する海外Wi-Fiレンタルサービス「jetfi」にて、8月後半より順次レンタル提供を開始します。(※レンタル時に端末の選択は出来ません。)




次世代スマートWi-Fiルーター「スマファイ MS01」は、「jetfi」をご利用いただいたお客様から、従来機器よりさらに持ち運びに便利な軽量で薄型の長時間利用が可能なWi-Fiルーターを希望される声から生まれた商品です。さらに、渡航時の利便性向上のため翻訳/地図オプションもご要望を頂戴しており、FREETELの開発陣が製品企画・設計から開発をする事でより実用性のあるものにした日本メーカー製のスマートWi-Fiルーターです。「スマファイ MS01」は従来のクラウドSIM搭載Wi-Fiルーターに比べて薄さ約8.5mmと約59%のスリム化を実現。重量も約27%改善した162g(※1)と持ち運びしやすいサイズながらも、連続稼動時間(※2)15時間以上という長時間バッテリーを実現しました。また、翻訳/地図アプリが標準採用されており、海外渡航時にWi-Fiと翻訳機を別々に用意する必要がなくなりました。
当製品はソフトウェアや通信プランがカスタマイズ可能となっており、当社としてWi-Fi事業者へのOEM提供を予定しております。

MAYA SYSTEMはこれからも、クラウドSIMという世界でつながる先端の通信技術を基軸に、携帯端末の企画・開発、海外Wi-Fiルーターのレンタル・販売などを通じて、世の中にない、新しい価値をご提供していきます。

※1、※2 2019年8月9日(金)時点で、国内で販売されているWi-Fi機能と翻訳アプリなどが一体となったスマートWi-Fi市場において、最軽量・最長連続稼動時間。上記の情報は発表時点の当社調べのもので、内容は予告なしに変更されることがありますので予めご了承ください。

【スマファイ MS01概要】
●特徴
1.翻訳機能付き
 100以上の言語に対応(※)、海外渡航時にWi-Fiと翻訳機を別々に用意する必要がなくなりました。リアルタイムカメラ翻訳、手書き入力、会話モードなど多彩な翻訳方式に対応。※手書き入力モードの場合
2.地図機能付き
 リアルタイムのGPSナビや、グルメ・イベントなどに関するおすすめ情報など多彩な地図機能を搭載
3.長持ちバッテリー
 連続稼働時間15時間の長持ちバッテリーを搭載
4.薄型・軽量
 厚さ8.5mm(当社従来品の約59%のスリム化)、重さ約162g(当社従来品の約27%改善)の薄型軽量ボディ
5.クラウドSIMテクノロジー搭載
 SIMカード不要で日本を含む世界100以上の国と地域で利用可能

●スペック


●海外データ通信対象国一覧



海外Wi-Fiレンタルサービス「jetfi」公式サイト
https://www.jetfi.jp/wifi/

MAYA SYSTEMはこれからも、クラウドSIMという世界でつながる先端の通信技術を基軸に、携帯端末の企画・開発、海外Wi-Fiルーターのレンタル・販売などを通じて、世の中にない、新しい価値をご提供していきます。

お取扱をご希望のWi-Fi事業者様は下記法人窓口までお問い合わせください。
【法人窓口】
株式会社MAYA SYSTEM
営業本部
Mail:info-sales@mayass.com

【報道関係に関するお問い合わせ】
株式会社MAYA SYSTEM
広報窓口
TEL:03-6629-7585
Mail:press@mayass.com

翻訳、地図アプリはGoogle翻訳、Googleマップを使用しています。GoogleはGoogle LLCの商標または登録商標です。

他の画像

関連業界