<一般参加者募集開始> 他人と目標をたててモチベーションアップを! パーソルキャリア、『新卒1年目限定タニモク』を開催

2019/08/09  パーソルキャリア 株式会社 

日時:2019年8月29日(木)19:00-21:30(受付開始18:30)場所:サッポロホールテ゛ィンク゛ス(株)本社

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)は、8月29日(木)に他人に目標をたててもらうワークショップ『新卒1年目限定タニモク』を開催いたします。今回はサッポロホールディングス株式会社と、株式会社ベネッセホールディングスの有志団体「One Benesse※1」協力のもと、参加者がより異なる業界の方々と接点を持てるよう、両社の新卒社員約20名も参加予定です。 ※1:「One Benesse」とは、ベネッセグループの有志社員の集まりです また、本日より特設ウェブサイト< https://tani-moku.jp/event.html >で新卒1年目の社会人の方を対象とした一般申し込み受付を開始いたします。



■「タニモク」とは< https://tani-moku.jp/
「タニモク」は、利害関係のない人(=他人)同士が、4~3人1組でお互いに目標をたてあうワークショップです。多くの方に多様なキャリアや働き方を考える機会として、2018年9月より企業・官公庁・学校など、50以上のさまざまなコミュニティで開催されています。参加者からは、「自分以外の視点を取り入れて選択肢を増やし、自分が気づいていない可能性や選択肢を発見できる」として大変好評をいただいています。

■実施の背景

ここ数年、大学生の就職率は97%以上と、新卒採用は大変な売り手市場です。また、新卒社員の退職率が3年で3割※2とも言われる昨今、企業は苦労して採用した後も、早期退職を防ぐためのフォローを早々に行う必要があります。特に8~9月、新卒社員は慣れない環境での新人研修やOJTに加え、思い描いていた仕事とのギャップから、仕事のモチベーションや満足度が低下しやすく、この時期に新卒社員向けのフォロー研修を実施する企業も多いです。
パーソルキャリアが全国の2019年度新社会人300名に行った「仕事の満足度に関する調査」では、目標がある人のほうが、目標が無い人に比べ、仕事の満足度が25ポイント以上高いことが判明しました。目標の有無は仕事の満足度に大きく影響することがわかります。
そこで今回、新卒社員が自身の目標について改めて考える機会を提供すべく、パーソルキャリアとさまざまな企業の新卒社員の計70名が、お互いの目標をたてあう『新卒1年目限定タニモク』を実施します。
目標設定は一人だけで行うものと思われがちですが、自分以外の視点を入れることでこれまで思いもよらなかった自分の可能性や選択肢に気づくことがあります。また、目標を明確にし、今行っている目の前の仕事が今後の成長につながることが理解できれば、仕事のモチベーションや満足度の向上にもつながると期待しています。
今回は、サッポロホールディングス株式会社と株式会社ベネッセホールディングスのグループ内の有志団体「One Benesse」の協力のもと、参加者がより異なる業界の方々と接点を持てるよう、両社の新卒社員も参加します。
※2:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況」

■『新卒1年目限定タニモク』概要
今回の「タニモク」は、新卒1年目の社会人限定で開催。目標について改めて考えることで目先の仕事にとらわれず、将来の目標のためにいきいきと働ける状態になってほしいと考えています。また、普段出会う機会の少ない別業界の同期との交流は、今後フラットに悩みを相談できる社外の仲間をつくる良い機会になります。「タニモク」実施後は任意参加できる交流会も予定しています。本イベントにご興味のある新卒1年目の社会人の方はぜひ、特設ウェブサイト< https://tani-moku.jp/event.html >にてお申し込みください。






■パーソルキャリア執行役員 兼 人事本部長 神田充教(かんだみつのり)コメント

パーソルキャリアは、はたらく人の成長を支援する人材会社として、社員一人ひとりとしっかり向き合い、彼らが本当にやりたいことを見つけるためのきっかけや、前向きに働ける環境づくりを行ってまいりました。その一環として昨年から「タニモク」を活用した取り組みも行っており、最近では内定者と社員がお互いの仕事の目標をたてあう『内定者×社員タニモク※』を実施。参加した内定者全員が「社会人としてなりたい姿をイメージできた」、約9割が「働くうえで大切にする軸が明確になった」と回答するなど、内定者と企業双方にとって大きなメリットがありました。
そして今回の『新卒1年目限定タニモク』では、新卒社員が今後の目標を明確にすることで、仕事の満足度やモチベーションの向上につながればと考えています。また、異業種の同期との交流により得た柔軟な発想や価値観が、今後の業務で良い影響となって表れることを期待しています。
※:『内定者×社員タニモク』 https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/corporate/2019/20190704_01/

■「タニモク」ファシリテーター 兼 プロジェクトリーダー 三石原士(みついしもとし)コメント

パーソルキャリアが行った「仕事の満足度に関する調査」では、目標がある人のほうが、目標が無い人に比べ、仕事の満足感が25Pt以上高いという結果が出ており、目標の有無が仕事の満足感に大きく影響を与えていることが分かります。
入社直後から誰もが満足できる希望通りの仕事に就けるわけではありません。しかし、目標があることで、希望通りでない仕事の経験も今後の成長につながっていくのだと理解できれば、満足感を持って働けるでしょう。
また、目標設定に自分以外の視点を入れることは、今まで思いつかなかった自分の可能性や気づき、新たな着想に繋がります。今回の『新卒1年目限定タニモク』でも、新卒1年目社員の皆さんにこれらの良い効果が表れることが期待できるでしょう。

■「タニモク」の取り組み方
利害関係のない人(=他人)で3~4人1組のグループとなり、1人(当事者)が自分の現状を他の3人(または2人)に説明します。他の3人(または2人)は自分がその人だったら何をするかを考えて目標を提案する、という30分のセッションをグループ人数分行っていく、3時間程度のワークショップです。


■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガン に、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。

他の画像

関連業界