TikTok、横浜市と全国初となる連携協定締結、プラットフォームを活用した新たな医療広報を提案

2019/08/09  Bytedance 株式会社 

~第一弾は、ダンスで乳がんセルフチェック~



ショートムービーアプリの「TikTok(ティックトック)」と横浜市は、連携協定を締結しました。本連携協定は、横浜市の民間企業等との連携による手法で医療広報を実施する「医療の視点」プロジェクトとTikTokが手を組み、楽しみながら自然と医療の話題に接してもらい、興味・関心を持ってもらう試みとなります。なお、TikTokと自治体との連携協定締結は医療分野に限らず、全国で初めてになります。

本プロジェクトの第一弾として、乳がんのセルフチェックや早期受診といった、早いタイミングから知っておいてもらいたい情報に自然とつなげる、ダンスを用いた医療広報に取り組みます。
毎年10月の「乳がん月間」(主催:公益財団法人日本対がん協会)と時期を合わせて実施する予定としています。今後、随時情報公開をしていきます。ご期待ください。

TikTokは現在、「TikTok for Good」という、グローバルCSR活動を展開しています。TikTokをお使いいただいている各国における社会的な問題や課題に対し、TikTokを用いてその解決に少しでも貢献するべく、NPOや政府機関、関係団体等と協力しつつ、各国に根ざした様々なプロジェクトを展開してまいります。この度の横浜市との連携協定もこの活動の一環として実施しています。

【医療の視点について】


「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに昨年9月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/iryo/iryonoshiten/iryonoshiten.html


他の画像

関連業界