乳がん検診の大切さを伝え、患者さんを支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」へ今年も協賛します

2019/08/10  丸富製紙 株式会社 

~自分らしく、ずっと笑顔でいられるように~

株式会社丸富製紙株式会社(本社:静岡県富士市、社長:佐野 武男、以下:当社)は、今年で17年目を迎える、乳がん検診の大切さを伝え、患者さんを支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」(主催:公益財団法人日本対がん協会ほか)に協賛し、9月14日(土)に横浜で開催される「ピンクリボンオープンセミナー」にてブース出展を実施いたします。



近年、生涯に乳がんを患う日本人女性は11人に1人と言われ、乳がん患者数はますます増加傾向にあり、乳がん検診の必要性を伝える「ピンクリボン活動」の役割は拡大しております。当社は、女性が自分らしく輝けるよう、ピンクリボン活動を応援しており、去年に引き続き、「ピンクリボンフェスティバル2019 ピンクリボンオープンセミナー」への協賛を行います。

昨年度の「ピンクリボンセミナー2018」では、皆さまの乳がんに対する興味関心の深さを実感することができ、また、早期発見のための正しい知識の習得がいかに大切かを学ばせていただきました。
(※「ピンクリボンセミナー」とは、20~30代の若い女性が乳がんに対する「不安に思う」「私はどうしたら良いの?」などの疑問点を解決することを目的としたイベントです。)

丸富製紙(株)は、今後とも、ピンクリボンフェスティバルや、ピンクリボン活動応援商品(売り上げの一部が乳がんをなくす活動を支える『ほほえみ基金』に寄付されます)を通して、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える活動に賛同してまいります。



(※)ピンクリボン運動とは
ピンクリボンは、乳がん啓発活動を表す世界共通のシンボルマークです。「乳がんで悲しむ人を一人でも減らしたい」との想いから1980年代にアメリカでこの活動は始まり、2000年ごろから日本でも盛んになってきました。乳がん検診の早期受診を呼びかけるために、行政、市民団体、企業などが独自のピンクリボンマークを掲げ、様々な活動を行っています。日本対がん協会ほかが主催する「ピンクリボンフェスティバル」もそのひとつです。

◆ピンクリボンフェスティバル2019 ピンクリボンオープンセミナー概要
【日時】2019年9月14日(土) 13:00~16:30 第1部・第2部の二部制
【会場】クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
【主催】ピンクリボンフェスティバル運営委員会(日本対がん協会・朝日新聞社ほか)
【定員】100名(第1部・第2部 各50名) ※事前申込・抽選制/対象:20~35歳の女性
【参加費】無料
【申込方法】インターネット
※公式サイト(http://www.pinkribbonfestival.jp/seminer/)で詳細をご確認の上、お申込みください。
【申込締切】2018年9月4日(水)
【出演者】専門医:増田 紘子 先生 (昭和大学医学部 乳腺外科 講師)
     ゲスト:丸山 桂里奈 さん (元女子サッカー日本代表)


【丸富製紙株式会社】
所在地:〒417-0847静岡県富士市比奈678
代表取締役社長:佐野 武男  資本金:4億9,227万円  設立年月日:昭和30年9月9日
事業内容:トイレットペーパー、ティッシュペーパー、タオルペーパーの製造および販売



他の画像

関連業界