日本企業のホワイト化を促進する【ホワイト企業認定】新たに6社がホワイト企業認定を取得しました!

2019/08/10  一般財団法人 日本次世代企業普及機構 

働き方改革に必要な6つの指標を第三者評価の立場でホワイト企業として認定

日本企業のホワイト化を促進する一般財団法人日本次世代企業普及機構(本部:大阪市中央区、代表理事:五味田匡功、通称:ホワイト財団)は、2019年6月に1社、7月に5社がホワイト企業認定したことをお知らせいたします。


ホワイト財団では、“次世代に残すべき素晴らしい企業=ホワイト企業”を発見し、その企業が世の中に認知されるべく「ホワイト企業認定」を実施しています。ホワイト企業認定は、6つの指標(ビジネスモデル/生産性、ダイバーシティー&インクルージョン、ワーク・ライフバランス/健康経営、柔軟な働き方、人材育成/働きがい、法令遵守)を総合的に判断、評価しています。毎年3月には、ホワイト企業認定を受けた企業の中で、最も注目するべきホワイト企業を決定する「ホワイト企業アワード」の表彰式を開催しています。


2019年4月、5月でホワイト企業認定を取得した企業は下記のとおりです。(50音順)
【2019年6月度 ホワイト認定取得企業】
株式会社ケーエフエス (https://kfs-ac.net/
【2019年7月度 ホワイト認定取得企業】
進工業株式会社(https://www.susumu.co.jp/
株式会社ストリートスマート(https://street-smart.co.jp/
株式会社TMJ(https://www.tmj.jp
株式会社テレマーケティングサポート(https://www.tmsp.co.jp/
株式会社フォーバル(https://www.forval.co.jp/

現在、ホワイト企業認定を取得している企業の総数は67社となりました。
今後もホワイト財団では、日本の企業がホワイト化するためのノウハウを世の中に推進し、ホワイト企業が普及していくよう努めてまいります。

【参考】
■一般財団法人 日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)とは?

当財団は“次世代に残すべき素晴らしい会社=ホワイト企業”を発見し、世の中に認知されるべく、「ホワイト企業認定」を実施しています。毎年2月にはホワイト企業認定を受けた企業の中で、最も注目するべきホワイト企業を決定する「ホワイト企業アワード」を開催しています。
2019年度 ホワイト企業アワード表彰式の様子
▼ホワイト企業認定を受けている企業一覧
https://jws-japan.or.jp/cert_company/

■ホワイト企業認定の取得について
1.WEB審査
▼ホワイト企業WEB審査
https://jws-japan.or.jp/web_shinsa/
2.審査結果をフィードバック


6つの指標(右図参照)のビジネスモデル/生産性、ダイバーシティ&インクルージョン、ワーク・ライフバランス/健康経営、柔軟な働き方、人材育成/働きがい、法令遵守の各分野が点数で表示されますので、自社の状況、弱点と強みが点数で分かります。
WEB審査で「不認定」であった場合でも、審査項目基準ガイドを配布し、点数が低かった項目について、どのような取り組みが必要かが確認いただけます。
3.本審査
根拠書類等の書類の提出をお願いします。
4.ホワイト企業認定
審査結果が基準を満たしていれば、ホワイト企業認定証書、ホワイト企業認定ロゴマークを付与します。ロゴマークについては、名刺やHP、採用活動やPR等にご利用ください。


■ホワイト企業アワードについて
ホワイト企業認定を受けた企業の中でも、今年一番注目すべきホワイト企業を決定し、世間に認知していただく目的で表彰する日本最大のホワイト企業イベントです。
次回は2019年9月17日より第5回ホワイト企業アワードのエントリーをスタートし、2020年3月にホワイト企業アワード受賞企業の表彰式を開催する予定です。


■一般財団法人 日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団) 概要
所 在 地:大阪府大阪市中央区安土町2丁目2-15ハウザー堺筋本町駅前ビル7階 株式会社ソビア 内
設立:2015年8月11日
代表理事:五味田 匡功
活動内容 :
・次世代に残すべき企業基準(ホワイト基準)の研究・制定・更新
・ホワイト財団認定コンサルタントの教育・育成業務
・ホワイト企業基準沿ったホワイト企業認定業務と更新業務
・ホワイト企業の表彰・広報活動

他の画像

関連業界