フィリピン政府観光省、「海外旅行フェア2019」に出展

2019/08/10  フィリピン政府観光省 

マニラの新たな魅力を訴求するセミナーを開催

フィリピン政府観光省(正式英語団体名:Republic of the Philippines, Department of Tourism)は、北海道海外旅行促進事業実行委員会が、本年8月30日(金)- 9月1日(日)に札幌市内、北海道庁赤レンガ庁舎前庭にて開催する、「海外旅行フェア2019」に出展します。


フィリピン政府観光省(正式英語団体名:Republic of the Philippines, Department of Tourism)は、北海道海外旅行促進事業実行委員会が、本年8月30日(金)- 9月1日(日)に札幌市内、北海道庁赤レンガ庁舎前庭にて開催する、「海外旅行フェア2019」にて、フィリピン・マニラへの観光促進を目的とした「海外旅行セミナー~生まれ変わった美しき都「マニラ」と世界に選ばれる楽園リゾートの魅力~」を開催いたします。

こちらのセミナーは、フィリピン航空と日本旅行北海道と共催で、近年急速な発展を遂げているマニラの最新情報と、その魅力をお伝えします。

「北海道 海外旅行フェア2019」の概要は以下の通りです。
日時: 2019年 8月30日(金)17:00-19:00
        8月31日(土)11:00-18:00
9月1日(日)11:00-16:00
*フィリピン政府観光省による海外旅行セミナーは、1日13時より赤レンガ庁舎 2階1号会議室にて開催します。
会場: 北海道庁赤レンガ庁舎前庭
(〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目)
主催: 北海道海外旅行促進事業実行委員会
「海外旅行フェア2019」 公式サイト: https://www.kaigairyokou-fair.com/

2018年、フィリピンへの海外旅行者数は720万人を超え、過去最高記録となりました。日本は、韓国、中国、米国に次ぎ第4位のマーケットとして、フィリピンを訪れた渡航者は、2016年には53万人、2017年には58万人、2018年には、63万人と好調に推移しています。日本からは、羽田、成田、大阪、名古屋、福岡、札幌からマニラ、セブ、クラーク間で直行便が毎日運航しています。

フィリピン政府観光省では、消費者をターゲットとしたフィリピンの有する観光素材や魅力をお得なツアー情報やアクセス至便な予約サイトと連動した、日本市場に向けた観光喚起に繋がる施策を今後も実施してまいります。

フィリピン政府観光省 公式サイト: http://www.mottotanoshiiphilippines.com/

関連業界