風呂敷を愛して11年。風呂敷を知り尽くしたプロがつくる、バッグと風呂敷のコラボレーション「ふろしきぶるバッグ」

2019/08/10  きびだんご 株式会社 

Kibidangoで24時間以内に達成済み!商品化が決定しました!【~8月29日19:59まで支援受付中】




風呂敷は、日本の文化と知恵を伝えてきた美しい布。 風呂敷の特長を生かしながら、現代にマッチしたライフスタイルを提案するブランドが、『ふろしきぶる』です。 今回は、風呂敷を自由に着せ替えられる『ふろしきぶるバッグ』と、4種類の文様が入った『ふろしきぶる風呂敷』をご提案します。

この「ふろきしぶるバック」の商品化に向けたプロジェクトを、8月29日19:59まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で展開中。プロジェクト開始から24時間で達成し、商品化が決定しました!
価格は、プロジェクト期間限定で 10,000円(税・送料込)より提供します。

【商品詳細URL】https://kibi.co/furoshiki

『ふろしきぶるバッグ』とは
風呂敷は 【包む】【結ぶ】【覆う】【飾る】という柔軟さと機能性を備えていますが、バッグとして使う場合、布なので自立せず、形も崩れます。 そこで、いろいろな風呂敷を組み合わせて着せ替えられる『ふろしきぶるバッグ』が誕生しました。

『ふろしきぶるバッグ』の3つのポイント


風呂敷とバッグのいいとこ取り
ちょっとお出かけも、ビジネスも、エコバックも。使えるシーンがたくさん!
カラーバリエーション多様、防水加工もあって便利!



1:風呂敷とバッグのいいとこ取り



風呂敷包みを体験していただくと、機能的で美しい包みに気づいてもらえます。普段のバッグに風呂敷を一枚入れておけば、いつでも、どこでも、エコバッグとしてお使いいただけます。

ただ、風呂敷を持ち歩くことは、まだまだ周知されていません。そこで、風呂敷をいつも携帯でき、簡単に着せ替えられる「ふろしきぶるバッグ」を考案しました。外側の風呂敷を変えることで、おしゃれなコーディネートが楽しめます。

2:ちょっとお出かけも、ビジネスも、エコバックも。使えるシーンがたくさん!

『ふろしきぶるバッグ』は、いろいろなシーンに活用できます。 あなたのアイデアで、お洒落に、便利に、エコに使いこなしてみませんか。

●着物でのお出掛け



着物用バッグは小さくて物が入らない、洋服で持つバッグはデザインが合わないし、もう少しカジュアルな雰囲気でバッグを持てたら、と思ったことはありませんか。『ふろしきぶるバッグ』は外側が風呂敷なので、着物とよく馴染みます。 『ふろしきぶる風呂敷』には4種類の文様があり、着せ替え方によりそれぞれの模様が楽しめます。

●お買い物、ちょっとした外出




近所への買い物や外出、友人とのランチ、スポーツのレッスンなど、さまざまな場面でカジュアルに使いこなせます。

Lサイズの風呂敷は、簡単なエプロンやショールとして使えます。 Mサイズの風呂敷は、折りたたんでスカーフとして使えます。


●ビジネスシーン




『ふろしきぶるバッグ』Lサイズは、A4ファイルを楽々収納でき、仕事用に活用できます。

ビジネスシーンに、さりげなく風呂敷が寄り添います。


●風呂敷をエコバッグに




『ふろしきぶるバッグ』から風呂敷を取り外して、風呂敷をエコバッグとして活用します。 外出中に荷物が増えたり、仕事帰りにスーパーマーケットで買い物したりと、必要に応じて2つのバッグとして使えます。

Lサイズの風呂敷は、簡単なエプロンやショールとして使えます。 Mサイズの風呂敷は、折りたたんでスカーフとして使えます。 超撥水Lサイズの風呂敷は、水をはじきながらも通気性があり、突然の雨でも傘の代用として使えます。ダイニングのテーブルクロスにしてもお洒落です。

●お洒落な着せ替え方



バッグに装着するふろしきぶる風呂敷の文様の位置を変え、また風呂敷の色を変えれば、外出場所やその日の服に合わせたコーディネートが自由に楽しめます。

お気に入りのスカーフ、外国で手に入れた珍しい布、レースで包むなど、さまざまなもので着せ替えることができます。


3:カラーバリエーション多様、防水加工もあって便利!




綿100%の上質で柔らかく、薄手でしわになりにくいオリジナルの風呂敷です。京都で100年以上続く老舗工房で、一枚一枚手染めしています。 Lサイズの超撥水風呂敷は、水が運べ、絞るとシャワーになる、朝倉染布の超撥水素材のポリエステル素材を使用しています。


●『ふろしきぶるバッグ』の仕様




落ち着いたストーンウォッシュの薄手デニム素材を採用。取っ手の2連リングがアクセントのシンプルなバッグです。バッグ底はマチが広く、物がたくさん入り、自立します。中には2つのサイドポケットがあり、小物を仕分けできます。 カジュアルな雰囲気で、男女を問わずに使えます。


●日本の伝統的な和色ふろしきぶる




風呂敷の色は、古来から日本で育まれてきた文化や伝統、四季のうつろいの中で生まれ、愛されてきた色です。日本の伝統的な4種類の文様風呂敷に配している4種類の文様は、それぞれの意味が込められています。
・子供の成長を祈る【麻の葉(あさのは)】
・幸せと平穏を祈る【青海波(せいがいは)】
・厄除け魔除けになる 【鱗(うろこ)】
・長寿や発展を願う 【唐草(からくさ)】

●撥水加工



Lサイズ超撥水風呂敷についてLサイズの超撥水風呂敷は、朝倉染布の超撥水素材のポリエステル素材を採用。 【超撥水】(superhydrophobe)は、高い撥水性と通気性を保持し、防水できるのに蒸れない優れた素材です。




「ふろしきぶるバッグ」を使ったさまざまなシーン、いかがでしたか。

プロジェクトリーダーつつみ純子の風呂敷の魅力を伝える活動は、6月で11年目に突入しました。彼女は10年前のある日、身近にありながら使うことのない風呂敷に、いかに多くの日本の文化や知恵があると気が付きました。使えば使うほど、調べれば調べるほど、伝えたい風呂敷の良さが見つかります。しかし、どのようにして皆さんにそれを伝えられるのか。 思案する中、勧められて始めたのが、ブログ「風呂敷講師つつみ純子の和文化研究所」です。 https://ameblo.jp/11264ki/ 2009年6月7日から、毎日、風呂敷のことを調べ、風呂敷の魅力を伝える記事を書き続け、10年を迎えました。2011年には国際交流基金の風呂敷講師として、ポーランド、ジョージア、イスラエル、で風呂敷レクチャーやワークショップを実施。その後、風呂敷の講座やワークショップのお話をいただき、国内外さまざまな方々に風呂敷包みをお教えしています。 そんな中、チームふろしきぶるの仲間に出会います。黒坂靖子も大瀧知子も、和文化からは遠く離れた分野で仕事をしていました。 まず、黒坂靖子が、つつみ純子の風呂敷講座に参加し、「風呂敷の魅力を世界中の人々に伝えたい」というビジョンに賛同し、このプロジェクトを企画する運びとなりました。大瀧知子は、「つつみ純子の「風呂敷体験をしてほしい」という思いと行動に賛同し、ワークショップの手伝いもしつつ、このプロジェクトを進めています。

これまで多くの方々にご協力、ご支援いただき、活動を続けてきましたが、この「ふろしきぶるバッグ」で、さらに手軽でお洒落なご提案ができればと考えております。古来、日本人の毎日に密接に寄り添ってきた風呂敷が、そのスタイルを変化させ、より快適で暮らしやすい生活のお手伝いができるのでは、とワクワクしています。 TPOや気分によってお洒落に着せ替えて、皆さまの日常生活に、さり気なく風呂敷を取り入れてみませんか。 ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

●仕様
・Mサイズ :近所へのお買物、ちょっとしたお出掛け用に最適な大きさ
・Lサイズ :A4ファイルや多くの物が収納できて、仕事用に最適 ※ 実用新案登録 第3189581号

・素材:デニム生地 綿100パーセント
・幅(一番広い部分)
 :Mサイズ約33cm
 :Lサイズ約39cm
・高さ
 :Mサイズ約20cm
 :Lサイズ約30cm
・底
 :Mサイズ約20cm×約13cm
 :Lサイズ約30cm×約16cm
・サイドポケット(両側に各1つ)
 :Mサイズ縦12cm×横19cm
 :Lサイズ縦14cm×横19.5cm

・リング:素材 アルミニウム  内径25mm 外径33mm

他の画像

関連業界