三遠ネオフェニックス 河内修斗アソシエイトヘッドコーチ「第11回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア」

2019/08/10  株式会社 フェニックス 

三遠ネオフェニックスの河内修斗アソシエイトヘッドコーチが、8月14~17日にかけて開催される「第11回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア」(BWB Asia)にコーチとして参加することが決定いたしました。 BWB AsiaはNBA(全米プロバスケットボール協会)とFIBA(国際バスケットボール連盟)が共同で実施する、世界的なバスケットボールの発展を目指す育成プログラムです。これまでに多くのNBA選手を輩出しており、2016年には八村塁選手(ワシントン・ウィザーズ、当時明成高校)も参加しています。


このたび、三遠ネオフェニックスの河内修斗アソシエイトヘッドコーチが、8月14~17日にかけて開催される「第11回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア」(BWB Asia)にコーチとして参加することが決定いたしました。
BWB AsiaはNBA(全米プロバスケットボール協会)とFIBA(国際バスケットボール連盟)が共同で実施する、世界的なバスケットボールの発展を目指す育成プログラムです。これまでに多くのNBA選手を輩出しており、2016年には八村塁選手(ワシントン・ウィザーズ、当時明成高校)も参加しています。
BWBの日本での開催は2012年以来7年ぶり2度目で、三遠ネオフェニックス所属の選手、コーチの参加は初となります。

■河内修斗(カワチ シュウト)



【生年月日】1985年8月5日

【出身地】 埼玉県

【出身校】 ロサンゼルスハーバーカレッジ

【選手歴】
2006-08 ロサンゼルスハーバーカレッジ
2008-09 浜松・東三河フェニックス

【指導歴】
2009-12 浜松・東三河フェニックス アシスタントコーチ
2012-13 セントジョンズ大学 コーチング留学
2013-16 仙台89ERS ヘッドコーチ
                      2016-18 三遠ネオフェニックス アソシエイトヘッドコーチ
                      2019-20 三遠ネオフェニックス アソシエイトヘッドコーチ

※アソシエイトヘッドコーチ・・・ ヘッドコーチとともにリクルーティングや戦略構想にも携わり、 選手・チームスタッフをまとめる役割も担う。

■「バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジア」について
【開催期間】 
8月14日(水)~17日(土)
       各日9~16時(17日のみ8~13時)

【主催】   NBA/FIBA

【会場】   水元総合スポーツセンター (東京都葛飾区水元1丁目23-1)

※一般公開はございませんので、記事掲載の際は会場を非公表(「東京都内」などの表記)としていただきますよう、お願いいたします。

【取材対応について】
NBAアジア ロジャー・オング氏( rong@nba.com )までご連絡ください。

参加選手】
アジア太平洋地域の18の国と地域から、2002・03年生まれの男女64選手
NBAとFIBAの現役選手、引退選手、コーチ

【米国からの主な参加コーチ、選手】
トロイ・ジャスティス(NBA国際バスケットボール運営部門)
パトリック・ハント(キャンプディレクターおよびワールド・アソシエーション・オブ・バスケットボールコーチ会長)
サム・キャセール(ヒューストン・ロケッツ、ボストン・セルティックスでNBAファイナル優勝3回)
ケボン・ルーニー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ロビン・ロペス(ミルウォーキー・バックス)
田臥勇太(宇都宮ブレックス/元フェニックス・サンズ、日本人初のNBAプレーヤー)

「バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ」は、NBAとFIBAが主催しているバスケットボールを通じて行われる社会貢献活動です。
NBAとWNBAの現役選手、引退した選手、チームスタッフやFIBAコーチが指導者として参加するプログラムとして世界各国で開催されており、日本での開催は2012年以来2度目となります。
今年6月のドラフトで日本人初の1巡目指名を受けたワシントン・ウィザーズの八村塁選手(21)は、明成高時代の16年にカナダ・トロントでのBWBキャンプに参加しています。
また、今年2月には、富永啓生選手(今春、桜丘高校卒業)ら日本人選手3名が、米ノースカロライナ州シャーロットで開かれたBWBキャンプに参加。31の国・地域から集まった選手たちとともに汗を流しました。

他の画像

関連業界