YOSHIKI、ディナーショー中にファンとの触れ合いで右手首靭帯の状態悪化

2019/08/12  YOSHIKI PR事務局 

「強く握ったり、叩いたりする行為はやめてください。」と異例のアナウンス、ドクターストップでも公演は続行





現在ディナーショーの公演真っ只中のYOSHIKIが、ショーの最中ファンとの触れ合いにより、来日する前から痛めていた右手靭帯の状態を悪化させたことがわかった。状況を重く見た主催者より、11日のブレックファストショー開始前に、「強く握ったり叩いたりする行為は控えてほしい」という、極めて異例の場内アナウンスがされた。海外からの来場も多いため、夜の部から英語でも同様の内容がアナウンスされる模様。運営のウドー音楽事務所によると、ボン・ジョヴィの日本公演でも同様の事態になったことがあり、アーティストサイドも困惑していたという。激しい痛みが続いているというが、医師の指導の元、現在ショーを継続している。

全12公演がソールドアウトしている本公演は9日に初日の幕を開け、現在4公演目を迎えたばかり。
その中で、感謝の気持ちを表すために少しでもファンと触れ合えるようにと、YOSHIKIからの提案で、ドラムソロ後に客席を歩いたり、1人でも多くのファンから直接プレゼントを受け取ることができるようにとカーテンコールへ登場した際、押し寄せてきたファン達に何度か手を強く握られ、右手首と左手の親指を捻挫したという。

YOSHIKIは以前より、右手の靭帯を痛めており、米国の主治医からは、「手首の靱帯が100%完全に切れている状態」と診断され、手術を勧められている。ディナーショーの前日にも、日本の病院を訪れ診察を受けている。
また2年前には、首に人工の椎間板を入れる手術を行っており、昨年行われた米国コーチェラ・フェスティバルなどでドラム演奏は行っているものの安静状態は続いている模様。

本公演終了後も、YOSHIKIは11月にサラ・ブライトマンと共演するロンドン公演など、多くの海外公演出演を控えているため、無事に日本での公演を終えることができるよう、来場するファンの皆さんにはご協力頂きたい。

場内アナウンスされた内容:
「この3公演でYOSHIKIさんがお客様に手首を強く握られたり、叩かれたりしてしまい、怪我をしてしまう行為がありましたので主催者からお願いがございます。
ショーを通じて演奏に集中できるよう、最後の曲が終わるまで、
ご自身のお席でご鑑賞頂きますようお願いいたします。

YOSHIKIさんは現在 手首、首を痛めております。
特に元々痛めていた右手の靭帯に関しては、
以前より医師から手術を勧められている中で、このショーを強行している状態です。

本公演中、YOSHIKIさんがもし皆様のお近くに来る場合は、
むやみに触れたり、手や指を強く握るなどの行為は、
演奏に影響を及ぼしかねませんのでご遠慮下さい。
以上の行為が守られない場合、公演が中止になることがございます。」


【YOSHIKI米主治医 トミー・トミザワからの診断内容】
Cedars-Sinai Medical Center / シーダースサイナイ・メディカルセンター
Tommy H. Tomizawa, MD

病名:右手靭帯損傷 Ligament tear
手首の靱帯損傷。現在100%完全に靱帯が切れている状態。

MRIにてLigament tearは、lunotiquetral ligament tearとtriangular fibrocartilage tearを認め、その後何度かのstem cell治療を行っている。
この先は『月状三角骨靭帯損傷の鏡視下手術(Arthroscopic debridement for lunotriquetral ligament injuries)』を勧める。

他の画像

関連業界