【LINE MUSIC 2019年7月のランキングを発表】この夏最もアツいバンド「Official髭男dism」が1位と2位を独占!

2019/08/13  LINE 株式会社 

「Pretender」が首位にカムバック、BGMランキングでも1位に

LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、当社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me/ )の、2019年7月の月間ランキングを発表、人気楽曲100曲を集めたプレイリストを公開いたします。(集計期間:7月1日~7月31日)





トップ10に「Pretender」「宿命」「ノーダウト」の3曲がランクインする「Official髭男dism」

4人組ピアノPOPバンド Official髭男dism 「Pretender」が月間ランクング、BGMランキングでともに1位を獲得と、継続して高い人気を見せている。「Pretender」は前月の月間ランキング4位から1位に返り咲いた。

2019年7月9日から配信開始した、2019ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソングにもなっている「宿命」は2位を獲得し、Official髭男dismが1位と2位を独占した。

その他、「Pretender」「宿命」に導かれるように、先月26位だった「ノーダウト」が6位にランクアップ。
トップ10に「Pretender」「宿命」「ノーダウト」の3曲がランクインする結果に。
この夏最もアツいバンド「Official髭男dism」に今後も注目が集まる。


3ヶ月連続、Official髭男dism「Pretender」がBGMランキング1位に。


月間ランキングに続き、Official髭男dism「Pretender」を1位に。

2位は菅田将暉「まちがいさがし」が先月に引き続き2位をキープ。3位はBTS「Lights」がランクイン。

7月に実施したBGMキャンペーンも多くのユーザーが参加した。
( http://music-mag.line.me/ja/archives/79551474.html )
BTS「Boy With Luv (Japanese ver.)」も21位にランクインしている。


LINE MUSICでは2019年7月の月間/月間BGMランキング100位をプレイリストで配信中。

映画『アラジン』のメナ・マスード, ナオミ スコットの歌う「ホール・ニュー・ワールド(『アラジン』より)」、中村倫也 & 木下晴香の歌う「ホール・ニュー・ワールド (日本語版)」や映画『トイ・ストーリー4』の劇中歌など人気の楽曲が多数ランクイン。ここからチェック↓

★月間ランキング (2019年7月):https://lin.ee/6cIreCf/lnms

★月間BGMランキング (2019年7月):https://lin.ee/5mDNkSy/lnms


【LINE MUSIC 概要】
「LINE MUSIC」は、邦楽・洋楽問わず5,400万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を
利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる日本発の
音楽ストリーミングサービスです。
今後も新たなレーベル・プロダクションやアーティスト・楽曲の追加や継続的な
サービスの機能追加・改善を積極的に行い、音楽との出会いを創出して参ります。
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/linemusic/id966142320?mt=1
Google Play:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.linecorp.linemusic.android
公式サイト:https://music.line.me/pr/welcome/
公式twitter:https://twitter.com/LINEMUSIC_JP

他の画像

関連業界