次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER(ロボマスター)2019」閉幕。

2019/08/14  DJI JAPAN 株式会社 

32チームによる激闘の末、優勝を手にしたのは東北大学(中国・遼寧省瀋陽市)


中国・深圳の宝安スタジアムで開催された、次世代エンジニアと大学生向けにDJIが主催するロボットコンテスト「RoboMaster 2019」が8月12日に閉幕しました。優勝を手にした東北大学(中国・遼寧省瀋陽市)には、金色のトロフィーと共に、500,000人民元(約800万円)が進呈されました。RoboMaster 2019には、世界中から176チーム、約10,000人の若きエンジニアが参加し、決勝では32チームが熱戦を繰り広げました。       



             東北大学(中国、遼寧省瀋陽市)が176チームの頂点に



RoboMasterは、民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIが主催しているロボットコンテストです。このコンテストでは、意欲にあふれるエンジニアが集結したチームが、次世代型ロボットを設計、製作し、バスケットボールコートの大きさの競技フィールドで競い合います。RoboMasterは2015年の初開催以来、エンジニアたちのコミュニティ内で人気が高まっており、科学・技術への情熱を追求、世界的な舞台で大学生が自分たちの才能を披露できるチャンスをDJIは提供しています。

「私たちは、すべてのチームの献身と努力を本当に誇りに思います。そして、大変素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた勝者に、心から祝福の言葉を伝えたいです。革新的な工学技術とゲームプレイ、そしてエンターテイメントを組み合わせたアクション満載のこのRoboMasterは、世界中の若きエンジニアとロボット技術者にとって、非常に魅力的な大会となっています。また、同時にエンジニアを目指す若者が、自分たちの才能と成果を誉め称える機会を得ることのできる素晴らしいプラットフォームにもなっています。学生たちは、RoboMasterを通して自分たちの創造的な視野を広げ、ソリューションを開発し、いつか現実にアプリケーションを作ることができるようになるでしょう」とRobotMaster トーナメント ディレクター、Jianrong Gao氏は述べています。

RoboMasterの決勝戦はTwitch.tv(https://www.twitch.tv/robomaster)で中継され、このエキサイティングな イベントを世界中の観客にオンラインでお届けしました。195万人を超えるオンライン観戦者が15か国以上の国で視聴しました。

                     Twitchでの配信

また、今回はニコニコ動画で初の日本語でのライブ配信も行い、タレント/ソフトエンジニアである 池澤あやかさんや日本代表チーム「FUKUOKA NIWAKA」の選手達が現地中継レポートを行いました。



    池澤 あやか氏(左)辻 貴美花氏(右)  FUKUOKA NIWAKA 古賀 聡氏(右)小豆澤 成治氏(左)



         今年のボーナスパネル          東北大学の空中ロボット/攻撃の模様

「過去9ヶ月間、チームにとっては毎日がワクワクする実りの多い体験の日々でした」と東北大学のキャプテン、王法祺(Faqi Wang)は述べています。さらにRoboMasterは、理論的な知識を実践へと移せる機会を与えてくれたので、素晴らしい技術を使って、まさにリアルなロボットを構築できました。私たちのロボットが命を吹き込まれたように動き、たくさんのチームと対戦できたことは、本当に感動的でした」と続けています。

準優勝は上海交通大学、準々優勝は電子科技大学で、 それぞれのチームが300,000人民元と100,000人民元を手にしました。今年のコンテストには、中国本土、米国、カナダ、日本、香港、マカオの学生たちが参加しました。

RoboMasterは、国際的に広く認められたプラットフォームへと成長し、教育に取り組むための新しいフレームワークを提供しています。また、RoboMasterは大会での対戦を通して、RoboMaster ロボット大会そのものと、AIチャレンジ、テクニカルチャレンジ、さらに、学生向けの青少年コンテストにインスピレーションを与えています。さらに、先日発売されたRoboMaster S1も後押しし、RoboMasterは次世代エンジニアリングと教育の文化に貢献する、創造的なプラットフォームへと発展していくよう、取り組んでいきます。

                  高校生向けのロボットキャンプ


                  S1シミュレーション体験コーナー


RoboMasterについて
RoboMasterは、最も進化したロボット工学のコンテストです。最新の工学技術、ゲーム性、エンターテイメント性が1つになった、アクション満載の観客も楽しめるイベントです。年次開催されるこの大会は、エンジニアを目指すチームが次世代ロボットを構築し、英知を競い合います。各チームは、歩兵ロボット、哨兵ロボット、ヒーローロボット、空中ロボット、エンジニアロボット、補給ロボットの6種類のロボットで構成されます。これらのロボットは、様々な障害物が設置された競技フィールドで、共に対戦相手の基地を攻撃します。

近年、RoboMasterは、エンジニアの間だけでの人気にとどまらず、誰もが楽しめるエキサイティングなロボット大会になりました。本大会は、中国本土、米国、英国、カナダ、ドイツ、日本、シンガポール、香港、マカオを含む世界中のエンジニア技術を学ぶ数千人の学生を魅了しています。

また、RoboMasterは対戦分野以外にも、RoboMaster キャンパスクラブ、RoboMaster ロボット工学キャンプ、RoboMaster 高校ロボットコース開発、さらに、ユースエンジニア サミットなど、複数の新しいプログラムへと拡大しています。さらに、RoboMasterは、STEM教育を誰もが楽しめる文化として広めたいと考えています。そこで、RoboMaster アニメシリーズ、RoboMaster リアリティショー、RoboMaster ドキュメンタリー、RoboMaster コミックなど、独自の文化的IPプロジェクトを順次開始しています。RoboMasterが社会にインスピレーションを与え、より多くの人々がロボット工学の世界とつながってほしいと願っています。
より詳しい情報はhttps://www.robomaster.com/en-USでご確認ください。


DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンやカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ブレ補正のエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。DJIのグローバルオペレーションは、現在アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国に広がっています。DJIの革新的な製品とソリューションは、映画制作、建設業界、非常事態対策や人命救助、農業、管理保全、その他さまざまな産業で、100ヶ国を超える国で採用されています。

詳細については、下記をご確認ください:
DJIホームページ: www.dji.com
DJI ストア: store.dji.com/
Facebook: www.facebook.com/DJI
Instagram: www.instagram.com/DJIGlobal
Twitter: www.twitter.com/DJIGlobal YouTube: www.youtube.com/DJI

他の画像

関連業界