ビジネスSNSアプリ「GIRON」×「Gmoto Project」総勢100名が集う群馬学生会議で地域貢献・活性化を議論

2019/08/15  株式会社 GIRON 

~群馬県出身の学生がリアルイベントで!GIRONユーザーがデジタル上で!リアルタイム議論~

ビジネスSNSのスタートアップ企業、株式会社GIRON(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟津 裕行、平田 和也、近藤 優実)は、2019年8月31日に開催される学生を中心としたイベント「群馬学生会議」の議論テーマに連動して、GIRONアプリでも地域貢献・活性化について意見を収集いたします。GIRONユーザーのコメントを「群馬学生会議」にリアルタイムでフィードバックすることで闊達な議論を促します。




当イベントはGmoto Project 学生チームにより、群馬県出身で東京都内在住の学生が集う、群馬の未来を語り合う機会として催されます。「群馬を活性化させたい!」「学生のうちに少しでも何か群馬に還元したい!」という思いがありながら、すぐに群馬に戻るというわけではない・・・というジレンマから、「戻りたくなる群馬ってどんなものか??」を本音で語り、群馬を盛り上げるために何が必要なのかを議論します。

株式会社GIRONは協賛企業として、ビジネスコミュニケーション・アプリ「GIRON」で収集したコメントを当イベントにリアルタイムでフィードバックし、議論を深める支援を行います。

■群馬学生会議 概要
◎日時:2019年8月31日(土)13時30分~19時
◎会場:TIME SHARING四谷 東京都新宿区四谷3-9第一光明堂ビル 9F
◎定員:100名(予約制)
◎主催:Gmoto Project 学生チーム「学生団体KOZUKE」
◎主なテーマ:社会人パート「どのようにしたら群馬に人が入るようになるのか」
       学生パート「何が群馬にあったら戻りたくなるのか??」
▼詳しくはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/kozukeevent


株式会社GIRONはこの度の「Gmoto Project」の趣旨に賛同し、GIRONユーザーの関与度も高く見込まれることから、アプリコンテンツにおいて、当イベント運営を支援させていただくことになりました。



■GIRONとは
スマホにおけるビジネスの駆け込み寺として、誰でも相談案件を投稿することが可能なアプリです。ビジネスにおける課題や悩みをアプリ内でオープン化することで、タイムリーに外部から知的資源を得ることができます。本アプリはリリース約4ヶ月間で330件を超えるビジネス相談が投稿されており、知見・知識を付与してくれたユーザーには、相談案件の投稿者や運営より、アプリ内で購入・使用できる「Gコイン」が貢献に応じて投げ銭される仕組みがあります。

■GIRON設立の経緯
創業メンバーは中央大学ビジネススクールMBA課程の同期生で構成されています。社会人として学び直しをする中で、ビジネスパーソンや、実業家が「自由にディスカッションで知的リソースを支援し合う場があれば、日本のイノベーションは加速するのではないか」という価値観が生まれ、人と人の能力が重なり、新しい発想が生み出されるアプリを構想、2019年4月12日より当サービスを開始しています。

■GIRON アプリ概要
価格 : 無料(一部App課金有り)
互換性: iOS 11.0以降に対応
URL : https://official.giron.biz

(4)会社概要
社名 :株式会社GIRON
本社 :東京都渋谷区道玄坂
代表者:代表取締役CEO 粟津 裕行
    代表取締役COO 平田 和也
    代表取締役CTO 近藤 優実
設立 : 2019年1月
事業概要: ビジネス・コミュニケーションアプリの開発、及び企画運営
URL : https://official.giron.biz

他の画像

関連業界