TRUSTDOCK、「Mastercard Start Path」日本地区大会にて、eKYC身分証アプリ&API群が評価され、見事、Mastercard Awardを受賞し、ドバイでの最終選考会へ挑戦

2019/08/15  株式会社 TRUSTDOCK 

日本のスタートアップ代表として、グローバルセレクションに参戦

株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)は、2019年8月9日に開催されたMastercard主催「Mastercard Start Path」日本地区大会において、法令準拠のeKYC身分証アプリとAPI群、そしてその世界展開の戦略を評価され、見事「Mastercard Award」を受賞し、ドバイで開催される最終選考会(グローバルセレクション)への切符を手にしました。 「Mastercard Start Path」は、次世代のコマースソリューションを開発し、革新的なスタートアップを支援するためのプログラムです。成長段階にあるスタートアップのビジネス拡大を加速させることを目的として、2014 年に開始。スタートアップ企業は、Mastercard の専門チームによるグローバルネットワークの活用、Mastercard のパートナー企業へのアクセス、また Mastercard のソリューシ ョンを基にしたイノベーシ ョンを享受することができます。





日本で展開しているeKYC身分証アプリ&API群によるKYCソリューションを本格的に世界に展開。全世界を横断するKYCのAPIエコシステム形成に向け始動。
TRUSTDOCKは、法令に準拠したeKYC身分証カメラアプリと様々な業務API群による、KYCのエコシステムを世界展開して、各国の規制に対応したローカライズを、順次、進めていきます。
あらゆる国の法律に対応したKYCのインフラを整備することで、国を問わず、アカウント開設やデジタル取引の市場拡大に貢献することができ、分断されつつあるデジタル社会をつなぎとめていきます。



eKYC身分証アプリによる法令準拠した本人確認(各省庁デモ確認済み/特許申請済み)


e-KYC/本人確認APIサービスでは、パートナー企業とコラボした様々なAPIをご用意


KYC as a Service「TRUSTDOCK」について
KYC as a Service「TRUSTDOCK」が提供している、日本で唯一のデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスでは、犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、古物営業法、労働者派遣法、出会い系サイト規制法、民泊新法など、各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現します。
これにより、サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や、オペレータの採用・教育、24時間体制でのシフト管理を行うことなく、低コストで本人確認を行うことが可能です。

また、オンラインで会員登録を行うあらゆるIDサービスやプラットフォーム、または既存で顧客DBがある事業者なら、業態や規模の大小を問わずご利用可能です。事業者のサービスIDをお持ちの個人の方の「本人性の証明」を、システムにAPIを組み込むだけで、フルデジタル且つ法律に準拠した形でご提供します。
独立した様々なAPI群を用意しているため、新規アカウント開設時だけでなく、不正検知時の取引時確認、定期的な顧客確認、休眠口座からのアクティベートなど、事業者様の業務フローに合わせて、必要なタイミングで必要なAPIを実行できます。
そして、犯収法改正にあわせて、郵送不要でネット完結の本人確認を実現するeKYC専用ソフトウェアである、デジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」では、施行規則六条一項「ホ/ヘ/ト/チ」をはじめ、公的個人認証による「ワ」など、あらゆる本人確認手段を内包した身分証専用のアプリであり、「運転免許証/運転経歴証明書/パスポート/マイナンバーカード/住基カード/在留カード/特別永住者証明書」など幅広い本人確認書類に対応している唯一のデジタル身分証アプリです。
デジタル身分証アプリとセキュアにAPI連携するKYCプラットフォームとして、国内外を問わず、広くデジタルアイデンティティ基盤の構築を行い、社会に貢献していきます。



【エンジニア積極採用中】
法律・技術・業務の全てを内包した、KYCのエンジニア集団、TRUSTDOCKでは、未来の子供達の多様なチャレンジを支える、デジタルアイデンティティのインフラ構築を行っています。
共に、次世代の礎を築きたい、未来志向なエンジニアの仲間を募集しています。
https://www.wantedly.com/companies/trustdock

【関連URL】
e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK(トラストドック)」
https://biz.trustdock.io/

【会社概要】
社 名 : 株式会社TRUSTDOCK(TRUSTDOCK Inc.)
所在地 : 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
代表者 : 千葉 孝浩
URL:https://biz.trustdock.io/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社TRUSTDOCK
担当:菊池、高橋
E-mail:inquiry@trustdock.io

-------------------------------------
English Version
-------------------------------------


TRUSTDOCK - eKYC ID app and API provider shortlisted for Mastercard Start Path
Japanese startup Trustdock chosen to pitch at Selection Day in Dubai


TOKYO, August 14, 2019 /PRTIMES/--TRUSTDOCK Inc. was chosen from 5 other startups at the first Mastercard Start Path Selection Day to be held in Japan. The company’s law-compliant, eKYC ID app and identity verification API was voted the winner by the 60 person judging panel, TRUSTDOCK will attend the Global Start Path Selection Day in Dubai taking place in October.


Start Path is Mastercard’s award-winning startup engagement program that brings together a network of innovators from across the globe to shape the future of commerce. Startups benefit from the knowledge of a global network of Mastercard experts, technologies and channels. Banks and merchants gain access to a global portfolio of elite startups to accelerate commercial products and solutions through collaboration. Launched in 2014, startups that started with Start Path have gone on to raise over $1.4B in capital investment.


TRUSTDOCK to create a global identity verification API ecosystem with an eKYC ID app and API platform
Already live in Japan, TRUSTDOCK is now beginning a global launch and plans to be operating in multiple new countries by this time next year.

By developing KYC infrastructure that complies with laws in all countries, TRUSTDOCK will be able to contribute to the continued expansion of digital transactions across the globe, and unify a fragmented digital ecosystem.


Law-compliant identity verification on the eKYC ID app
(approved by authorities in Japan, patent pending)



KYC as a Service
Already Japan’s leading eKYC provider, TRUSTDOCK uses a host of APIs to perform a variety of identity verification tasks that speed up the account opening process for any digital service provider, all fully compliant with regulations, including Japan’s new Anti-Money Laundering Act.
In addition to their technology, TRUSTDOCK manages the operations necessary to execute identity verification processes, provide human eye verification when necessary, and troubleshoot any issues that may arise for clients. Because of this combination of technology and operations, with TRUSTDOCK, service providers can conduct identity verification at a low cost without having to develop an identity verification management screen, recruit and train operators, or manage 24/7 work shifts. Any company with online member registration or with existing customer databases can use the service, irrespective of business category or size.
As TRUSTDOCK has various independent APIs ready, a service provider can execute any API required by relevant regulations or their own workflows, including new account openings, when fraud is detected on transactions, during periodical customer data updates, and upon reactivation of dormant accounts.
With a KYC platform that is securely linked to a digital ID app via APIs, the future for TRUSTDOCK is fully digital IDs that will quickly and reliably verify anyone, so everyone everywhere will have access to all the digital goods and services they qualify for.


Related links:
TRUSTDOCK Inc.
https://biz.trustdock.io/en

Source:
TRUSTDOCK Inc.

Contact:
Jeff Bates
Global Markets Lead
TRUSTDOCK Inc.
E-mail: inquiry-global@trustdock.io


他の画像

関連業界