日本最大級の海外向けインフルエンサーコミュニティTokyo Creativeが、調布市の欧米豪インバウンドプロモーションを実施!

2019/10/09  Tokyo Creative 株式会社 

欧米豪の旅行者が集まる2019年、2020年の国際的なイベントを見据えたプロモーションを実施

海外へ向けたデジタルマーケティング事業及び訪日外国人(インバウンド)向けコンテンツビジネスを手がけるTokyo Creative株式会社(https://www.tokyocreative.jp/)はこの度、調布市文化・コミュニティ財団と連携し、2019年、2020年に開催される国際的なイベントの開催地の1つになっていることを受け、プロモーションを実施いたしました。


■調布市の知られざる観光資源を海外に向けて情報発信
調布市には都会の雑踏から離れてリラックスできる空間が広がっている他、ゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげる氏や、食という面でも魅力的な地域です。

今回は2つの視点に着目し、1つは都会の雑踏からはなれてリラックスできることをテーマに、またもう1つは調布の食をテーマに展開しています。

当社が実施した過去の施策のデータから、都心に近い場所で自然、景観に触れたいニーズは欧米豪のインバウンド客から高いことがわかっていました。この傾向を踏まえ、新宿から近い調布市の深大寺や、鬼太郎茶屋、植物園でリラックスできること、ゲゲゲの鬼太郎に関連する情報配信をおこない、1ヶ月で30,000再生を超える反響を獲得いたしました。コメントでも「9月に行きます」「鬼太郎カフェに行きたい」「植物園に行ってみたい」「調布は知らなかったけど旅のリストに入れよう」といったポジティブな反響が見られました。







ナイトタイムエコノミーの需要もインバウンド客から高まってきており、調布のローカルな居酒屋をBar hopping(はしご酒)していくことをテーマとした動画を展開いたしました。再生数も1ヶ月で20,000再生を超え、コメントでも「1月に行ったら調布ではしご酒してみるぞ」「調布はなんて素晴らしい、食の天国じゃないか」「巨大なエビ天丼食べてみたい」など視聴者の期待値が高まっていることが見受けられました。






■今後の展望
2019年度のプロモーション結果を分析し、2020年の国際的なイベントの開催地でもある調布市の観光をどのように盛り上げていくのかを協議していく予定です。イベント時に足を運んでもらっておしまいではなく、調布で休憩や食事、また気軽に観光など空き時間を有効活用いただけるよう、2020年に向けて継続的な情報発信を行います。調布市は新宿から特急で15分。都会から離れゆったりとした自然、新鮮野菜やデカ盛り、ローカルな居酒屋をめぐるはしご酒などの魅力的なコンテンツを文化・芸術などの体験と併せて展開することを検討しています。

■Tokyo Creativeについて
Tokyo Creativeは日本最大級の海外向けトップインフルエンサー、クリエーター、エンターテイナーが集結するグローバルコミュニティです。トップインフルエンサー、クリエーター、エンターテイナーのセルフプロデュース力を尊重し、各々が必要とする異なるレベルのマネジメント方法で最大限サポートしています。2017年よりデジタルマーケティング領域を中心に活動を行い、日本在住のトップインフルエンサー、クリエーター、エンターテイナーとの直接契約を通し、他に類を見ない海外への情報発信力でUncovering Japan to the World - 日本人も知らない「Nippon」を世界の片隅まで!- をテーマに知られざる日本の側面を海外に向けて発信しています。地方創生へ向けたインバウンド分野におけるインフルエンサーマーケティングを手掛ける他、年々世界からの注目度が増す“Nippon”への需要に応えるべく、情報発信事業をグローバルに多数展開しています。

【ブランド概要】
会社名:Tokyo Creative株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町4-17, PORTAL Apartment & Art POINT 306
代表取締役:川崎貴聖、CEO取締役:クリス・オカノ
主要事業:海外へ向けたデジタルマーケティング事業及びタレントマネジメント事業
会社概要: https://www.tokyocreative.jp/ja/
お問い合わせ先: info@tokyocreative.jp

他の画像

関連業界