レンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成

2019/10/09  キヤノン 株式会社 

キヤノンのレンズ交換式カメラEOSシリーズの銀塩(フィルム)とデジタルの双方を合わせた累計生産台数が、2019年9月20日(金)に1億台(※1)を達成しました。なお、1億台目に生産したカメラは、ミラーレスカメラ「EOS R」(2018年10月発売)でした。


EOSシリーズ


EOSとは「Electro Optical System」の略称で、ギリシャ神話の「曙の女神」の名でもあります。多様なニーズに応える魅力的な製品ラインアップと表現の幅を広げるEFレンズの拡充に努めることで、EOSシリーズは長年に渡り多くのユーザーから支持を得てきました。その結果、2003年から2018年までに16年連続でレンズ交換式デジタルカメラ世界シェアNo.1(※2)を獲得するとともに、2019年9月20日に累計生産台数1億台を達成することができました。

EOSの初号機「EOS 650」は、世界初の電子マウント方式を採用した新世代のAF一眼レフカメラとして1987年に誕生しました。福島工場(当時)で生産を開始したEOSは、以来、現在に至るまで大分キヤノンを中心に、台湾・宮崎・長崎などの生産拠点で、高い品質管理の下、生産を行っています。その後、最高級機「EOS-1」(1989年)や、小型・軽量を実現した「EOS Kiss」(1993年)を発売するなど「快速・快適」を実現する革新的な技術を搭載した製品を展開し、プロからアマチュアまでユーザー層の裾野を広げてきました。

デジタル一眼レフカメラの普及が本格化した2000年以降は、自社製のCMOSセンサーや映像エンジン「DIGIC」などの先端技術により、新たに「高画質」を基本コンセプトに加え、さらなる魅力的な製品を追求しています。小型・軽量と低価格を実現し、レンズ交換式デジタルカメラの普及に大きく貢献した「EOS Kiss Digital」(2003年)や、レンズ交換式デジタルカメラによる動画撮影を普及させた「EOS 5D」シリーズを展開し、2012年には映像技術をB to Bの分野にまで広げた映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」を立ち上げ、映像制作業界への参入を果たしました。さらに、2018年には新たに「RFマウント」を採用した「EOS Rシステム」を世に送り出すなど、新しい提案を続けています。

静止画から始まったEOSは動画へと撮影領域を拡張し、初心者からプロフォトグラファーに至るまで、さまざまなユーザーへと支持を広げてきました。キヤノンは、これからもEOSシリーズの基本コンセプトである「快速・快適・高画質」の追求を続けることで、EOSシステムをさらに強化・拡充し、写真・映像文化の発展に貢献していきます。

※1 映像制作用のシネマカメラを含む。
※2 台数シェアにおいて。(キヤノン調べ)

他の画像

関連業界