鹿児島県南九州市×DHC カテキン・葉酸配合サプリ「知覧茶パワー」を共同開発 ~健康プロジェクトを始動!~

2019/10/09  株式会社 ディーエイチシー 

株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区、代表取締役会長 兼CEO:吉田 嘉明、以下:DHC)は、包括連携協定を結んでいる鹿児島県南九州市の特産品「知覧茶」を活用した、地域限定商品「知覧茶パワー」を南九州市と共同開発し、『「知覧茶×葉酸」サプリ健康プロジェクト』を始動します。


株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区、代表取締役会長 兼CEO:吉田 嘉明、以下:DHC)は、包括連携協定を結んでいる鹿児島県南九州市の特産品「知覧茶」を活用した、地域限定商品「知覧茶パワー」を南九州市と共同開発し、『「知覧茶×葉酸」サプリ健康プロジェクト』を始動します。
当商品は全国の市町村単位で、日本一の茶栽培面積・生産量を誇る「知覧茶」の認知拡大を目的に開発。知覧茶に含まれるカテキンと、赤血球の形成を助け高齢者や妊婦の栄養補給としてメディアで注目を集めている葉酸を配合したサプリメントとして、幅広い年代の健康づくりに役立てられる商品設計となっています。
南九州市の『「知覧茶×葉酸」サプリ健康プロジェクト』では、認知症・脳卒中予防のため、65歳以上の市民約1,000名を対象に共同開発品「知覧茶パワー」を1年間無償配布致します。さらに、効果検証のためモニター約100名を募り、血液検査・葉酸代謝遺伝子検査を実施。飲用前・後の計2回血液検査を行い、「葉酸」と脳の健康を損なう悪玉アミノ酸「ホモシステイン」数値の変化の比較検討を致します。併せて、葉酸の代謝に関連する遺伝子も調べます。生まれながらにして葉酸が代謝されにくい体質の場合、より積極的な補給が必要となります。また、2019年10月16日には南九州市と合同で「健康長寿セミナー」を開催。共同開発品「知覧茶パワー」の紹介・高齢者向けの健康啓発講座や、健康づくり体操を行います。共同開発品「知覧茶パワー」を通じて、市民の健康意識の向上及び健康寿命の延伸をサポートし、市民の健康づくりを推進するとともに「知覧茶」ブランドの向上を図ります。



■知覧茶パワー 概要
商品名:知覧茶パワー        内容量:30日分 (1日2粒)
配合成分(1日あたり):知覧茶エキス末 500mg (総カテキン 150mg)、
ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB2 1.3mg、葉酸 400µg、ビタミンB12 2.5µg

■「知覧茶」とは
全国の市町村単位で、日本一の茶栽培面積・生産量を誇る鹿児島県南九州市で生産されているブランド緑茶。一年を通じて温暖な気候で、桜島の火山灰によってつくられた水はけが良く肥沃な土壌が、お茶の栽培に最適で、全国茶品評会で産地賞・農林水産大臣賞を連続して受賞するなど全国的に高い評価を得ている銘茶です。深みのある緑色と爽やかで甘い香りが特徴の高級茶です。

*DHCは鹿児島県南九州市と2017年11月22日に包括連携協定を締結し、
南九州市内での健康づくり・地域活性事業・災害時支援などを行っています。

                                                 以上

他の画像

関連業界